特集 2014年7月4日

気合いで信号を変える選手権

もうこれでいいよね

気合いがから回りしてタイミングを外し続けること数十分、ようやく落ち着いてきた。もう一度、メモしたタイミングシートを見直してトライしてみる。気合いで信号を変える、などと豪語しつつ、実は完全に時間の奴隷にならなければならないのだ。気合いはその集中力を維持するために使うのである。

もはや、いったい何のためにやっているのか分からないが、最後までやり遂げたい。最後ってどこだ?
ついに出してしまった禁じ手のせえぇぇぇえい
最後、何とか2連続で青信号化に成功。そして締めくくりとして、多少タイミングがごまかせるせえぇぇぇえいを繰り出してしまった。でも絶対に負けられない戦いだったのだ。後悔はしていない。

もうひとつ気合いでデジタルに介入

実は今回、もうひとつ気合いでデジタル機器に介入することを考えていた。それはお店などの電子看板である。

気合いで信号を変えられるなら、気合いで自分が言ったことを電子看板に表示させることもできるだろう。
お店の宣伝文句がスクロールする看板
お店の宣伝文句がスクロールする看板
いまからおれの言うこと表示しろ!
いまからおれの言うこと表示しろ!
いったいどっちが使われているんだか
というわけで、気合いで信号を変えたり電子看板の表示を思い通りにすることができたが、世の中にはきっとほかにも気合いで信号を変えられるヤツがいるだろう。ぜひ挑戦してきてほしい。

僕はいつでも待っている。

いちばん下に降りて思い通りに

どうしてこんなことを思いついたのか覚えていないけど、信号の動く通りに動けばあたかも信号を動かしている気分になれるんじゃないかと思った。

それはキマると確かにキモチいいんだけど、自分の中の奴隷気質をそんなに磨かなくてもいいんじゃないかと思う。

でも複雑な交差点の信号をひとつひとつ指して変えていくことができたら、それがいかに快感か、という妄想もできてしまって困っている。
電子看板も録画してメモりました
電子看板も録画してメモりました

告知:ダムのDVDが出ました

よりによってこんな変態的記事のあとにまじめな告知です。

約10年前から構想して、撮影に2年以上かけた新しいダムのDVDが発売されました。ダムの外観だけじゃなく、普段見られない内部や湖からの映像、そしてラジコンヘリを飛ばしてダムの空撮映像も多数収録しています。

構造物としてのダムに少しでも興味がある人はぜひ見てみてください。
絶景ダム-誰も見たことのないダム・空撮-
2014年7月1日(火)発売
監修:萩原雅紀
制作:庄嶋輿志秀
DVD85分/2700円(税込)
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓