特集 2014年5月20日

今の子は投げない?カラーボール工場見学

ヘソと呼ばれる空気弁をセットする
ヘソと呼ばれる空気弁をセットする

今はコンビニに置いてある

「あるいは売ってるところ自体が少ないですから。駄菓子屋さんはどんどんなくなってますしね」

――駄菓子屋とか文房具屋にありましたよね

「両方ですね。今は一個単位で袋になってるものをコンビニだとかホームセンターで扱ってもらうのが主流です。

ただ学校や公園の近くのコンビニだと置いてもらえたりしますが、それよりも遊戯王のカードのほうが坪単価の利益いいなと思われると発注しないですからね」

テレビゲームの後もどんどん新しい遊びが出てくる。大丈夫かカラーボール。武器は色がついていて柔らかいこと。か、勝てるのかそれで。
もう片方の金型に材料を注入する
もう片方の金型に材料を注入する
この工場の目玉、回転成形機。縦に横に回転させながら焼く。石川さんのお父さんが回転成形機の技術者で脱サラして工場はじめたそうだ。
この工場の目玉、回転成形機。縦に横に回転させながら焼く。石川さんのお父さんが回転成形機の技術者で脱サラして工場はじめたそうだ。

野球人気の低迷というよりも…

――野球人気がないというのもありますか?

「今は基本的に野球が子供の遊びの選択肢の中に入ってないと思います。

小さい子は野球自体知らないんじゃないかな。小学校で地域の野球チームに入ればまた別なんですけど、それまででボールを使って投げる遊びというのはあんまりないと思います。

たとえばお父さんが子供と一緒にうちのボール使ってキャッチボールしてるのもあんまり見ないし」

野球も知らないしそもそもボールを投げないのが今の子たちらしい。

「ナイターの中継もほとんどないですしやらないと興味持たないんですが今は遊びの中でほとんどないですから。

そういう子が野球に興味を持たないというか気づかずにどんどん大きくなっていくので。プロ野球のお客さんはどんどん減っていくのかなと」

野球人気がないからボール人気もないのかなと思っていたが、そもそもボール投げる遊びがないから野球人気もなくなるらしい。因果関係が逆なのか。ボール屋さんならではの視点だ。
約300度、7分くらい焼いて出して水に沈めて冷やす
約300度、7分くらい焼いて出して水に沈めて冷やす
取り出して空気をあてる
取り出して空気をあてる

ボールを投げられない子供

――カラーボール野球をしてないというよりボール自体投げてないんですか?

「オーバースローで投げられる子が少ないですよ、今の子は。幼稚園のカリキュラムでも小さいボールを片手で投げるというのはあんまりやってない。

GWのときに墨田区のイベントでストラックアウトをやったんです。投げられない子は5年生でも6年生でも当たらない。

250人くらいは参加して半分くらいはまともに投げられないかな。大人も投げられないですね。逆にご高齢の方のほうが投げられた気がします」
型から外してボールができてる
型から外してボールができてる
手で持ってられないくらいほっかほかである
手で持ってられないくらいほっかほかである

投げられないからおもしろくない

「しかも上手に投げられる子がだれもいなかったら遊びとしては成り立たないので。そうするとますます遊びとしては扱われにくいのかなって」

――あ~、そうか、やっぱりヘタだとおもしろくないですかね

「おもしろくないんじゃないですかね。というかボールで遊ぶっていう発想にならない、鬼ごっことかそっちに行っちゃうんじゃないですかね」

聞けば聞くほど負のスパイラル。だんだんつらくなってくるので、もうぼくはカラーボールで一切遊んでなかったことにしよかな。
そこから2階へ。おばちゃん2人が作業している。祖母がこういう感じで歯ブラシ作ってたため、この風景だけで泣ける…
そこから2階へ。おばちゃん2人が作業している。祖母がこういう感じで歯ブラシ作ってたため、この風景だけで泣ける…
ここでバリをとって空気を注入
ここでバリをとって空気を注入
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓