特集 2014年5月1日

みりんって何?

みりんベーコンエッグ

ということで、みりんを気軽に使う方法を検討する。

まずはベーコンエッグにかけてみよう。
焼きあがったところにみりん醤油をかける。じょばー。
焼きあがったところにみりん醤油をかける。じょばー。
できた。匂いが甘めのベーコンエッグ
できた。匂いが甘めのベーコンエッグ
甘いにおいのするベーコンエッグが出来上がった。

食べてみると、今治のB級グルメ焼豚玉子飯のような味だ。やさしい甘さがおいしいぞ。かなり雑な分量で醤油とみりんを混ぜたが、なかなかのできだ。家にみりんがあったらやってみて。

みりんヌードル

次にカップヌードルにみりんを入れてみた。
お湯を入れたあと、みりんを10ccくらいを垂らす
お湯を入れたあと、みりんを10ccくらいを垂らす
微妙ながら味に変化が
微妙ながら味に変化が
みりんそのものの味(甘み)は感じないのだが、汁のしょっぱさが減った気がする。やさしい味になった。一瞬「減塩!」と思ったけど、それは違う。

調味料って足すとふつう味が強くなるんだけど、みりんは逆なのか。魔法みたいだ。

餃子のタレにみりん

醤油+みりん+ラー油
醤油+みりん+ラー油
餃子のタレにもみりんを入れてみた。

ラー油の辛さがまろやかになってしまって、何がしたいのかわからない。はっきりしない味になるのであえてしなくてもいい。

餃子のタレに間違ってラー油を入れてしまったが、辛いのが嫌いだからなんとかしてもとの状態を取り戻したい、という複雑な事情をを持った人向け。

とうふにみりん

ぼんやり
ぼんやり
続いて、とうふにみりん醤油をかけた。

とうふというぼんやりした味のものに、みりんをかけると、より一層のぼんやりさになる。これはそのままではナシかなあ。

アイスにみりん

そもそもこのままでもうまい。
そもそもこのままでもうまい。
少しにしたほうがいいかも。
少しにしたほうがいいかも。
みりんがリキュールっぽいということを思い出したので、アイスクリームにかけてみた。デザートだ。

違った甘みが混ざり合うことで、味に深みが出ておいしい。そのままでもおいしいけど。

かけすぎると一気にみりんに支配されるので、加減がむずかしい。風味がするくらい、ほんの少しでいい。

みりんの再発見

みりんを使うとまろやか(あるいはぼんやり)した味になっておいしくなることを発見した。…と当たり前のことを「発見」と言い出して我ながらすごい。みりんはそのための調味料なのだ。

使う意味が分からないとさえ思っていたみりんが、身近に感じられるまでになって嬉しい。人生、何事も勉強ですね。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓