コラボ企画 2014年3月27日

あなたのイメージする「チョビスケ」を描いてください

個室のあるカフェにて、20代~40代の6名の男女に聞いてみた。
個室のあるカフェにて、20代~40代の6名の男女に聞いてみた。
次は長崎市内にあるカフェ・サニーバードのオーナーと、そこに集まったお客さん達に「ちょびすけ」を描いてもらった。
まずはオーナーの平さん。(30代)
まずはオーナーの平さん。(30代)
こ、これは…
こ、これは…
サザエさんの波平とアンパンマンを合体させたようなキモキャラが出てきた!こんなアンパンマンは嫌だしこんな波平も嫌だ。(笑)
20代女性・しほさん作のチョビスケは、犬。
20代女性・しほさん作のチョビスケは、犬。
女性らしいかわいいチョビスケ。
女性らしいかわいいチョビスケ。
しほさんの考えたちょびすけは、またしても犬。
女性にとって「チョビスケ」は犬を連想させるものがあるんだろうか?

しかし性格はだいぶ違って、好きなものは「穴を掘ること」。苦手なものは「わさび」。そして特技は、「とても愛らしく、犬嫌いな人にも愛される」。すごい特技だ。
20代男性・ぶんちゃん。
20代男性・ぶんちゃん。
「そのちょんまげ、コロ助やん。」とみんなから言われていた。
「そのちょんまげ、コロ助やん。」とみんなから言われていた。
キテレツ大百科のコロ助の頭部を持つ犬、という感じだろうか。スフィンクスもびっくりの合体ぶりだ。

この後ぶんちゃんはウイスキーをかっくらってここに泊まった。
長崎ドラマリーディングの会の代表を務めるたじまさん。
長崎ドラマリーディングの会の代表を務めるたじまさん。
???
???
台本を持ったまま演じる劇という活動をされている、たじまさんの描いたチョビスケはネズミの捕獲者。本棚の裏にあるネズミの出入口で待ち構え、捕まえたネズミを生で食べる(なんだその設定は!)。さらに絵から推測するに、大きさはネズミとほぼ同じ…という非常にユニークなチョビスケ。
20代女性・なつみさん。
20代女性・なつみさん。
こけし…?!
こけし…?!
なつみさんが描いたチョビスケはなんと、こけし。胴体部分をバネのように使って飛び跳ねることが可能という。髪の毛がちょびっとなところが「ちょび」だろうか。。
20代男性・モリセイさん。
20代男性・モリセイさん。
ゲームのキャラっぽい。
ゲームのキャラっぽい。
もりせいさんが描いてくれたチョビスケは、どことなくもりせいさん自身を描いたのでは?という2.5頭身キャラ。特技はバスケットボールだが、絶対足で蹴ってる。
終了後、飲み物を頼んだら「ちょびすけ」のラテアーテを作ってくれた!
終了後、飲み物を頼んだら「ちょびすけ」のラテアーテを作ってくれた!
ではそろそろ、次ページにてチョビスケの正体を明かそう。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓