特集 2014年2月10日

GIFアニメの作り方 全力まとめ 2014

GIFジャンル別 傾向と対策

というわけでいよいよGIFアニメの作り方。
一口にGIFアニメと言ってもいろんな手法・作り方があるので、手法別にその作り方をご紹介していこう。

それから、今回の国際GIFアニメアワードに協賛でもある、GIFアニメ作品投稿・共有サービス「GIFMAGAZINE」の協力で、作例も載せている。あわせて見ていただくと、どういうものかがわかりやすいと思います。
コマ撮りアニメ
まずは一番の基本形、コマ撮りアニメからご紹介したい。

コマ撮りアニメっていうのは、こういうの。
要はパラパラマンガ。一コマ一コマ別々に撮った写真を連続で見せて、動画みたいに見せるやり方だ。

上の空中浮遊のGIFは、毎回違う場所でジャンプして撮った写真を連続で見せることで、ずっと浮いてる動画のように見える。下の人形を使った作品は、人形を少しずつ動かして撮った写真を連続で見せることで、ひとりでに動いているように見える。

こうやって間のシーン(シャンプしているところ、手で人形を動かしてるところ)を省くことで、実際にはあり得ない動きをつくる、トリック映像みたいな手法である。

ほかにも作例がたくさんあるのでこちらから見てほしい。
→作例を見る

まずはこのタイプの作品の作り方から見ていこう。
!
ここでは、Android用で使えるGifMobというアプリを使って説明します。これは一例なので、ちゃんとあとでiPhone用アプリも紹介しますよ。
作例:編集部の古賀さんが、ペットのモニタをかわいがるGIFです。
作例:編集部の古賀さんが、ペットのモニタをかわいがるGIFです。

つくりかた

被写体とスマートフォンを用意しましょう。
被写体とスマートフォンを用意しましょう。
撮る内容が決まったら、アプリを起動。
撮る内容が決まったら、アプリを起動。
撮影モードに入ります。(GifMobの場合、カメラのアイコンを押す)
撮影モードに入ります。(GifMobの場合、カメラのアイコンを押す)
最初のコマの写真を撮る
最初のコマの写真を撮る
そしたら被写体をちょっと動かします。(モデルの古賀さんに半歩あるいてもらって、モニタもすこし前に動かしました。)
そしたら被写体をちょっと動かします。(モデルの古賀さんに半歩あるいてもらって、モニタもすこし前に動かしました。)
そして次のコマを撮るのですが、今回紹介するアプリは、すべて前のコマが透けて見える「オニオンスキン」という機能がついています。これで、背景がずれないように、動かしたいものだけが動くように撮りましょう。
そして次のコマを撮るのですが、今回紹介するアプリは、すべて前のコマが透けて見える「オニオンスキン」という機能がついています。これで、背景がずれないように、動かしたいものだけが動くように撮りましょう。
×悪い例:背景がずれてる
×悪い例:背景がずれてる
3コマ目以降も、一コマずつ撮っていきます
3コマ目以降も、一コマずつ撮っていきます
それを繰り返して、最後まで撮れたら完成。このGIFは17コマで終了しました。
それを繰り返して、最後まで撮れたら完成。このGIFは17コマで終了しました。
簡単でしょ?
ポイントは、とにかく背景がずれないようにすること。それだけ!オニオンスキン機能が頼りになるし、もっとこだわるなら、スマートフォンを壁やテーブルに押し当てて位置を固定しよう。

今回は人が被写体だったけど、人形みたいな小物を動かしたい時も、同じ要領でできる。
ぜんぶ撮り終わったら、速度を調節したり、余分に撮ってしまったコマを消したり、再生方向(撮った順/逆再生)を設定したり、フィルタをかけたり。アプリによっていろんな編集ができます。終わったら、保存
ぜんぶ撮り終わったら、速度を調節したり、余分に撮ってしまったコマを消したり、再生方向(撮った順/逆再生)を設定したり、フィルタをかけたり。アプリによっていろんな編集ができます。終わったら、保存
作ったGIFが保存される場所は、アプリによる。それをパソコンに持ってきたい場合、全アプリに共通して使える一番簡単な方法は、アプリの機能でTwitterやFacebookなどに共有すること。共有したリンク先からダウンロードするのだ。GIFが動いてるページで、GIFを右クリック→名前をつけて保存すれば、ダウンロード完了。

アプリ紹介

■iPhone用
[プチ撮り] Looooop
\200、コマ撮りも連射(後で説明します)も使えて便利!

GIFSHOP
\100、ひとつのGIFに使えるコマ数はこっちの方が多い

■Android用
GifMob
無料、広告消すのは\100。(上のサンプルキャプチャは広告が出てます。決して小銭をケチったわけではなく、消せるのあとで気づきました…)
!
スマートフォンを使わずにデジカメ+パソコンで作ることもできる。
デジカメで撮影する時のポイントは、オニオンスキン機能がないため、必ず三脚を使うこと。三脚さえ使えば、背景がずれないように固定できる。

撮った写真をGIFにするにはいろんな方法があるけど、Webサービスを使うと楽だ。おすすめは Mothereffing animated gif というサービス。画面に写真をドラッグ&ドロップするだけで簡単にGIFアニメを作れる。画像の追加アップや順番変更もドラッグ&ドロップで可能、並べ替えたら「Animate」っていうボタンを押すと動くので、それでよければ「Download GIF」を押せばダウンロードできる。

専用のソフトを使うなら、WindowsならGiamというフリーソフトが使える。使い方はこちら。 Macの人はGIFfunというソフトがあるようです。使い方はこちら
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓