特集 2014年1月18日

アンマンや鯛焼きはかりんとう饅頭にするとうまい

鯛焼きをかりんとう饅頭化

続いてはこちら。
皮パリパリのシッポまであんこの鯛焼きよりも、皮がもっさりした感じの鯛焼きの方がかりんとう饅頭化にはいいです。
皮パリパリのシッポまであんこの鯛焼きよりも、皮がもっさりした感じの鯛焼きの方がかりんとう饅頭化にはいいです。

鯛焼きです。これをかりんとう饅頭化します。やり方は他と同じ。まず揚げます。
鯛焼きの姿揚げ。
鯛焼きの姿揚げ。
揚がったら油を切ります。
鯛焼きは揚げるとこうなるのか。
鯛焼きは揚げるとこうなるのか。
あとはフライパンで砂糖を絡めて冷やせば出来上がり。
こんな色の煎餅あるな。
こんな色の煎餅あるな。
出来上がった鯛焼きのかりんとう饅頭は、外がパリパリして香ばしく、かじった直後は薄皮のたい焼きのようです。しかし、厚い皮は油の影響でかなりどっしりと食べ応えがあります。
1匹食べるのが大変。
1匹食べるのが大変。
新たな食感と味の鯛焼きとして非常に美味しいのですが、通常の鯛焼きサイズだと重いです。ミニ鯛焼きでやるといいでしょう。
うまいけどねー。後半つらくなる大きさなんです。
うまいけどねー。後半つらくなる大きさなんです。
次いきます。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓