特集 2013年12月23日

駅ビルのATMに同情する

遠い

とにかく遠い。品川インターシティのATMである。
こんなビルです
こんなビルです
品川駅側の入り口。最初はこんなイルミネーションで迎えてくれる
品川駅側の入り口。最初はこんなイルミネーションで迎えてくれる
中にも別のメルヘン系イルミネーションが。
中にも別のメルヘン系イルミネーションが。
そして左手はカフェ、右手はおおきな吹き抜けというおしゃれな空間を抜け
そして左手はカフェ、右手はおおきな吹き抜けというおしゃれな空間を抜け
急に地味な通路に出た
急に地味な通路に出た
と思ったらまたちょっと賑やかな感じに。しかしまだまだ先は長い
と思ったらまたちょっと賑やかな感じに。しかしまだまだ先は長い
再び通路感。右にスタバを擁するも完全に裏口といった趣きの通路
再び通路感。右にスタバを擁するも完全に裏口といった趣きの通路
外に出ちゃった
外に出ちゃった
そのまま隣の棟に入る
そのまま隣の棟に入る
こっちはオフィス棟だった。ガンガン進むと
こっちはオフィス棟だった。ガンガン進むと
ようやくATMの表示
ようやくATMの表示
あった!
あった!
到着
到着
とにかく遠い。遠いが、ただ遠いだけではない。道程には、店あり、通路あり、野外あり、オフィスあり。その様々な景色の変化が旅情を演出し、「はるばる来た」という実感を強めてくる。

長旅の末たどり着いたほこら、RPGならここで重要アイテムが手に入るところだが、あいにくここはATM。いつもと同じ現金の出し入れができるだけである。

正統派・奥まりATM

品川インターシティのATMは駅寄りの入り口からだと確かに遠いのだが、それは単にビルが広いだけであって、オフィス棟に勤めている人にとっては普通に便利だろう。

もうちょっと情緒に訴えてくる感じのATMがあった。それが秋葉原アトレだ。
JRの改札を出たところ。ここからスタート
JRの改札を出たところ。ここからスタート
ATMは3階。中途半端でいいぞ
ATMは3階。中途半端でいいぞ
まずエスカレーターで3Fへ
まずエスカレーターで3Fへ
華やかな店内
華やかな店内
そこを奥へ奥へと進んでいくと
そこを奥へ奥へと進んでいくと
この奥かな?
この奥かな?
小さな駅ビルである。距離的には、決して遠くはない。
すぐ手前にはビルの出口直結の改札が。珍しい!
すぐ手前にはビルの出口直結の改札が。珍しい!
そしてそこから90度振り返ると…
あっ!
あっ!
ついにきた。奥まり系ATMだ。

奥まりがよくわかる写真をもう一枚掲載しよう。
手前のクリスマスツリーがショッピングテンションの限界。その右奥、ATM周辺の事務的なたたずまいよ
手前のクリスマスツリーがショッピングテンションの限界。その右奥、ATM周辺の事務的なたたずまいよ
立地とか、クリスマスの飾り付けだけの問題じゃない。そもそも壁の色が違うのだ。
再掲になりますがATM周辺
再掲になりますがATM周辺
ほかの店内の内装はこんなの
ほかの店内の内装はこんなの
ふだんあんまり考えたことがなかったけど、ATMでの入出金って、ペーパーレス化された「手続き」である。ATMは華やかなショッピングの世界の住人じゃなく、事務の世界の住人なのだ。そんなことに気づかされる境遇である。……いい。

ただ、これも、僕が理想とする不遇ATMからはほど遠いというのが正直なところだ。なぜなら、
エスカレーターの導線上にあるから
エスカレーターの導線上にあるから
別のエスカレーターから来たため途中まで気づかなかったのだが、ATMのすぐ脇にもエスカレーターがあるのだ。真のかわいそうなATMとは、人通りの少ない、行き止まりみたいなところにあるATM。
関係者通路に挟まれた、こういうところが理想なのだが…
関係者通路に挟まれた、こういうところが理想なのだが…

ATMじゃなかったのかも

ところで、調査終盤に気づいたのだが、僕が理想としているような場所にあるのは、実はATMではなかった。
電話だ
電話だ
公衆電話だ!
公衆電話だ!
次回、「駅ビルの公衆電話に同情する」は2014年公開予定です。乞うご期待。

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓