コラボ企画 2013年11月19日

天からプロデューサー巻き

新・改造カーディガンによる挑戦

この時はもう一案、並行して改造を進めていた。
結局は段ボールとカーディガンだけで進む改造。
結局は段ボールとカーディガンだけで進む改造。
安定性と防御力を求めた剛のカーディガンに対して、こちらはカーディガン自体の柔らかさを活かした、いわば柔のカーディガンである。
改めて写真を見ても、全体的に粗雑で面白い。
改めて写真を見ても、全体的に粗雑で面白い。
裾から段ボールが出ないようにホチキスで留める。この瞬間、衣類としてのアイデンティティーは喪失。
裾から段ボールが出ないようにホチキスで留める。この瞬間、衣類としてのアイデンティティーは喪失。
袖口と裾の部分にだけ重りとして段ボールを入れ、下で待ち受けるプロデューサー候補に絡み付くよう狙ってみた。方向性としては、ほぼ「投網」だ。
はたしてうまくプロデューサーを絡め取ることができるだろうか。
こう投げる。
こう投げる。
こうなる。
こうなる。
はい、巻けた。
はい、巻けた。
一回目の投擲実験であっさりカーディガンが巻けてしまったので、嬉しいというよりはむしろ虚を突かれた感じになってしまった。
林さんも「…え、なに、これでいいの?」的な顔になっている。

このあとも幾度か試してみたが、どうやらこの柔のカーディガンがいちばん成功率が高かった。よし、これで行こう。
巻けたけどちょっと狙いがそれた図。
巻けたけどちょっと狙いがそれた図。

プロデューサー、完成

とにかく方向性が決まったので、あとは反復練習あるのみ。
投げては肩で受ける、投げては受ける、の繰り返し。プロデューサーになるための感覚を体に叩き込むのだ。
入念な事前トレーニングを繰り返す上担当と下担当。
入念な事前トレーニングを繰り返す上担当と下担当。
というか基本的に僕は立っているだけで、林さんばかりが疲弊していく。
適当なところで切り上げて、疲れすぎて投げられなくなる前に本番に移ろう。
「ゆくぞプロデューサー(仮)」「どんとこいです」
「ゆくぞプロデューサー(仮)」「どんとこいです」
空を舞うカーディガン。いい写真。
空を舞うカーディガン。いい写真。
これが撮りたかった。プロデューサーの変身シーン。
感動の瞬間。いま僕はカーディガンと一体化した。
感動の瞬間。いま僕はカーディガンと一体化した。
空から降ってきたカーディガンが、僕の肩に「ふぁさっ」とかかる。
ほぼ1ページ目のイメージGIF動画どおりではないか。これだ。まさにこれがやりたかったのだ。

カーディガンとヒトの美しき融合。皆さんありがとう。僕いまプロデューサーになりました。
ポーデイのジーキーラボコー、いつアップよ?(デイリーポータルZのコラボ記事、〆切はいつでしたか?)
ポーデイのジーキーラボコー、いつアップよ?(デイリーポータルZのコラボ記事、〆切はいつでしたか?)
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓