特集 2013年10月31日

Facebookのプロフィール画像戦略を探る

おちゃらけ

!
頭の上になにか乗っけておちゃらけたり。
!
顔ハメでおちゃらけたり。
鼻に何か突っ込んだりと、
!
お調子者であることや、親しみやすさをアピールすることができる。
アイコンを眺めていると美人が多かった。
容姿端麗なのに必要以上に下ネタを言う人がいるが、ツーンとすました写真よりもおちゃらける方が好感度高いよね、という同じイメージ戦略なのかもしれない。

アート作品の前で記念撮影

!
文化系であることがアピールできる。
直島にある草間弥生のかぼちゃの前で写真を撮っている画像が異常に多かった。
瀬戸内芸術祭が賑わったのは、あのかぼちゃの前で写真を撮れるからではないだろうか。
かぼちゃの前でジャンプしている人もいた。複合技も有効である。
アイコン画像にしたくなる野外彫刻を作ると儲るかもしれない。


その他には、

自分を連想させる代理イメージ

!
自分に似ているキャラクターの画像や似顔絵など、「本人に似ているもの」をアイコンとして使っているタイプがこちらである。
!
普段使っているめがねをプロフィール画像にしている人も結構いた。


などなど、
たくさんのプロフィール画像のパターンを発見することができた。
調べてみて気づいたことがある。
皆それぞれに「他人にどのように思われたいか」というイメージ戦略のもとアイコンを選んでいるようなのだ。
賢い、やさしい、かっこいい、かわいい、まじめ、面白い、おしゃれ、などなど、他人にどんな風に思われたいかという欲求は、人によって異なる。
例えば、ありがちな

スマホを持って、鏡に向かって撮影

!
というパターンであれば、

•自分の外見に自信があるのでアピールしたい。
•外見の良さを露骨にアピールすることによって、誰かにネガティブに思われても気にしない。
•スマホを持っている。

小学生級の分析で申し訳ないが、以上のことがわかる。
こんな感じで今までに出て来たパターンを、
他人から思われたい欲求、

動的(活動的、社交的)
静的(もの静か、おしとやか)
外見(外見のよさをアピールしたい)
内面(やさしい、おもしろい、賢いなど、内面の良さをアピールしたい)


に分類してみた。
!
配置してみると、中央部分に位置するするプロフィール画像パターンの好感度が高いことが分かった。
例えばカメラは、
活動的な要素も、文化系な要素も、外見も内面も同時にアピールできる。
バランスがとれているプロフィール画像への好感度が高いのかもしれない。
プロフィール画像として使われているケースが多いのも納得だ。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓