特集 2013年10月22日

コロッケの中身が魚肉の町

二店目、あぶい蒲鉾
二店目、あぶい蒲鉾
どこもメニューが充実している
どこもメニューが充実している

大阪に出た人が恋しくなる味

二店目のあぶい蒲鉾へ。もちろんここでもコロッケといえば魚らしい。

「じゃがいもはじゃがいも(のコロッケ)。昔っからコロッケといえばお魚なんですよね」という。どうやら魚のコロッケが本来でじゃがいもが別物みたいなことらしい。

お店のお母さんによると、琴浦町のコロッケは「ソウルフードといったらあれですけど、大阪に働きにでたお客さんからみんなに食べさせたいから送ってくれと何十枚も頼まれたり」するらしい。

ところが東京に出た人は「あごちくわを頼まれますね」らしい。なぜだ。フォッサマグナがコロッケを忘れさせるのか。
コロッケはその場で揚げてくれる。肉屋とおなじだ
コロッケはその場で揚げてくれる。肉屋とおなじだ

こっちの人はちくわ一本食うらしい

コロッケは注文するとその場で揚げてくれる。お店のお母さんも大阪からこちらに嫁いできたらしく、最初は練り物熱の高さに驚かされたという。

「こっちだとおやつにあごちくわまるまる一本食べますからね」

ありかたがちがう。ちょっとずつわさび醤油でちまちま食うものではない。こっちの人はむいてそのままもりもり食う。

このねりものもりもりの土壌がコロッケのとりちがえを生んだのか。
揚げたてはカリカリでよりコロッケらしい。スナックとしても良い
揚げたてはカリカリでよりコロッケらしい。スナックとしても良い

スナックなんだけど余力がある

せっかくなので外に出たら熱々のまま食べてみた。あげたては外のころもがカリカリでこれはたしかにコロッケだ。

たしかにうまい。うまいのはうまいのだが、何かもてあました感じがある。スナックにしてはパワーをもてあますのだ。

一杯やりたくなったりご飯にのせてみたくなったり、これそのままで食っていいのか、ちょっとなんかしたほうがいいのじゃないかと思ってとりあえずちょっとだけ小躍りというかボックスステップを軽く踏んでみた。

予想していたが、全く解消されなかった。
スーパーでは?
スーパーではどうなってるのだろう?
スーパーではどうなってるのだろう?
コロッケ各種、といえばじゃがいもだった
コロッケ各種、といえばじゃがいもだった
ねりものコーナーにあったのはお魚コロッケ。さきほど「コロッケ」として売られていたあぶい蒲鉾がよそいきになって置いてある。
ねりものコーナーにあったのはお魚コロッケ。さきほど「コロッケ」として売られていたあぶい蒲鉾がよそいきになって置いてある。
家ではどうやって
区別する?
米子のイベントでお客さんにきいた
米子のイベントでお客さんにきいた

厚さで見分ける

米子で開かれた米子映画事変でブースを出していたので、やってくるお客さんにコロッケの話をきいていた。

ただ一人琴浦の人だけがたしかに魚のコロッケがあるといっていた。

母親がコロッケ買ってきたよ~っていってたらどっちだと思うんですか? ときいてみたところ「うすかったら魚、厚かったらじゃがいもだと思う」との答え。

どちらも表面はパン粉をあげたものだから、その厚みで見分けるしかないのか。

大丈夫なのかそれで、と思う。たとえばこういうとき大丈夫なのか……と反証をあげたくなるがあまり見つからない。

「おばあちゃんが遺言にコロッケが食べたいと残したらどっちをお供えするのか?」

こういうときも「え、どっちの?」ときくだろうし、言い残すくらい好きなら周囲もどちらかわかるだろう。
三店目、北中かまぼこ店。どこ行ってもメニューは充実してるな
三店目、北中かまぼこ店。どこ行ってもメニューは充実してるな
コロッケ。これだけ買っていく人がいるということなのだろう
コロッケ。これだけ買っていく人がいるということなのだろう
四代115年つづいているそうだ
四代115年つづいているそうだ

115年前からコロッケは魚

「昔はこの辺は交通の要所で、砂糖もあって魚もとれて、じゃあ練り物でもやってみようと。そういうことではじめたらしいんです」

三店目の北中かまぼこ店は長くやっているお店のようだ。

「四代で115年くらい続いてるんですけど、そのときからコロッケっていってたと思います」

どうしてコロッケと呼んだのかはわからないそうだが、コロッケはコロッケ。最初からここでは魚のコロッケなのだという。関西出身の私がすり身の天ぷらに疑問をもたないのと同じだ。

「じゃがいものコロッケもコロッケといいますね。どちらがどうとかはなく……」
ふんわり甘い。スナックとしては最もたべやすい味だった
ふんわり甘い。スナックとしては最もたべやすい味だった
「どうしてもかたくなってしまいますんでね」北中かまぼこ店のコロッケはあご(トビウオ)が入ってないらしい。

実際食べてみると、一番ふんわりとして甘かった。他のコロッケの酒の飲みたさはトビウオの力強い旨味によるところも大きかったのかも。おやつとして食べるならこれが一番コロッケにも近い。
ところで交通安全について
ところでこの辺には「ストップマーク」というのがある。歩行者用「とびだし注意!」マークなのだが、これが町中いたるところにある
ところでこの辺には「ストップマーク」というのがある。歩行者用「とびだし注意!」マークなのだが、これが町中いたるところにある
縁石にも「右みて左みて」と書いてあったが、この通りは全縁石にこれがあった
縁石にも「右みて左みて」と書いてあったが、この通りは全縁石にこれがあった

交通安全意識と練り物力の高さ

鳥取県にはストップマークというものがあり、町中いたるところで飛び出し注意をしている。そしてそんな交通安全の意識のたかさをより喚起すべく、警察では交通安全標語をさだめている。

あ、明るい服装と反射材
ご、ご近所みんなで交通安全
ち、近くでも危険がいっぱい
く、車の運転はゆとりをもって
わ、渡るときにはしっかり確認

そう、「あごちくわ」である。しまった。交通安全の力も高かったが、練り物力の高さはそれを超えてきた。練り込んでくるぞ、やつらは。すきあらばどんどん練り込んでくる。

なにかといえば「ああ、練りもののね」と。コロッケも「練りものでしょ?」とはじまったにちがいない。

2つのコロッケがあってもいいようだ

じゃがいものコロッケと魚のコロッケ、一体どう区別しているのだろうか。そんなことは問題ではなかった。天ぷらにも二種類あるし、端も箸も橋も同じ音だがべつに困らない。

しかしなぜあんなに「どうするの?」「お魚をコロッケと呼んであなたたちはどうするの?」「どうしたいの?」「本当はなにがしたいの?」と心配したのだろう。

それがまたコロッケなんて庶民的なものだから余計に。私たちのあのコロッケをそんな一杯やりたくなるものに!と。

だが大丈夫だった。そういう文化があるらしいときいたら、大体のものはそれで大丈夫なのだ。115年も前からコロッケだったのだから、不都合なんてないに決まっているだろう。よその文化は大体、大丈夫。

いやちょっと待てよ。干し首とかはだめだな。
練り物力高じてギネス申請
練り物力高じてギネス申請
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓