特集 2013年10月14日

園芸の展示会に行って高枝ばさみでタオルを収穫してきました

そういう需要があるのか

繰り返しになるがこれは園芸・農業関係者が中心のイベントで、もちろん僕なんかは全然門外漢である。(だってイベントの趣旨を間違えてノコノコやってきたくらいだ)

そんな門外漢から見ると、「こんな道具に需要があったのか!」と思うような製品が結構あった。たとえば……。
松脂やシブに強い洗剤
松脂やシブに強い洗剤
日常生活で洗剤のライバルと言えば油汚れとか菌とかである。それが、松脂。思ってもみなかった性能が求められている業界なのだ

こんなのもある。
枝を粉砕してチップにする機械
枝を粉砕してチップにする機械
これ、チップにしたら撒いて肥料にするのかなとか、燃料にするのかなとか、考えるじゃないですか。違うんですよ。どうするかっていうと、燃えるゴミに出す。

かさばる枝や木材を、チップにしてコンパクトにすることでゴミに出しやすくする機械らしい。そのためだけに1m超もあるこの機械、ちょっと大げさなのでは…、という気もするけど、デカイ機械を置いてでもゴミをコンパクトにしたいという需要があるから、こんな製品が生まれてきているのだろう。
他にもこんなの。干し柿専用ハンガー。(シーズンオフ時は玉ねぎ等もかけられる)
他にもこんなの。干し柿専用ハンガー。(シーズンオフ時は玉ねぎ等もかけられる)
きゅうりカバーは、きゅうりが小さいうちにカバーをつけておくと…
きゅうりカバーは、きゅうりが小さいうちにカバーをつけておくと…
成長するとハートきゅうりに!
成長するとハートきゅうりに!
柿、ミカンそれぞれの専用収穫手袋。カラーチャート付きで収穫すべき実が見分けられる
柿、ミカンそれぞれの専用収穫手袋。カラーチャート付きで収穫すべき実が見分けられる
お金が盗まれないハイテク無人販売所。ホテルの夜食用自販機としても使われてるとか
お金が盗まれないハイテク無人販売所。ホテルの夜食用自販機としても使われてるとか
これは野菜専用CTスキャナ
これは野菜専用CTスキャナ
こんなふうに野菜を切らずに断面が見られる。品質検査などに使うらしい
こんなふうに野菜を切らずに断面が見られる。品質検査などに使うらしい
そして極めつけがこれ。
なんだかわかります?
なんだかわかります?
木登り器なのである。
木登り器なのである。
これ、上に座って屈伸運動をするだけで木に登れるという素晴らしいアイテム。
天然の木だけでなく、木材の柱やコンクリートの電柱なんかにも上れるので、電気工事の会社なんかにも採用されているらしい。
上っているところを動画で
ほんとにサクサク登っていく上に、方向転換も手放しでの作業も自由自在。耐荷重量も100キロ。うわーほしい!って思わず言いかけるが、買って届いても一度たりとも試せる機会がなさそうだ。

普通にほしい

さてさてニッチなアイテムばかり紹介してきたけど、ここからは非業界人でも普通にほしいものをいくつかご紹介します。
虫ゲッター
虫ゲッター
虫専用のマジックハンド。「捕獲練習用虫ダミーつき」っていうのがいい。
先はこんな風にブラシになっていて、虫を包み捕る。
先はこんな風にブラシになっていて、虫を包み捕る。
1500円ってそこそこいいお値段だが、最近テレビで紹介されてめちゃくちゃ売れているらしい。
こちらはヒートグローブ
こちらはヒートグローブ
ヒーター付の手袋。
バッテリー内蔵で手を入れるとかなりあったかい。まあそれだけといえばそれだけなんだけど、僕が注目したのは手のひらの方。
スマホ対応だ!2013年的
スマホ対応だ!2013年的
続いてのこれはタイムラプスカメラ。一定間隔で自動的にシャッターを押して、理科の教材映像にあるような植物がみるみる伸びていく映像や、工事現場で建物がみるみる建っていくような映像が撮れる。
続いてのこれはタイムラプスカメラ。一定間隔で自動的にシャッターを押して、理科の教材映像にあるような植物がみるみる伸びていく映像や、工事現場で建物がみるみる建っていくような映像が撮れる。
屋外用もあってこちらは防水
屋外用もあってこちらは防水
単三電池4本で、シャッター間隔にもよるけど長いと数か月動くらしい。ほしい。

同じブースには、動く被写体に反応して自動的に動画を撮るカメラもあった。こちらは野生動物を撮影したり、玄関先において防犯用に使うこともできる。

どちらも普段2万円くらいするのだが、展示会限定で1万3千円くらいで買えるようになっていた。これさえあればあんな映像もこんな映像も…と夢は広がる。財布の中身が3千円じゃなかったら買っていたかもしれない。

一方で、使う予定は全くないけど妙にほしくなるものも。
「経典」ていうめちゃくちゃ渋い名前のハサミ
「経典」ていうめちゃくちゃ渋い名前のハサミ
宇宙からやってきた「隕鉄」を使ったナイフ!
宇宙からやってきた「隕鉄」を使ったナイフ!
これらは同じ五十嵐刃物工業というメーカーのもの。他にもカタログを見てみると、「本体は古代インドで発見されたダマスカス鋼を模して、当社独自で鍛錬を行い、機能に徹した波紋の美しい積層鋼。」(ハサミの説明)など、言っちゃうといわゆるあれだ、中二病なのだ。しかし職人の技術をフル活用して、手加減抜きで中二病しているところがかっこいい。

そして個人的に、今回最高に食指が動いたのが、こちら。
農業用車両ミニカー
農業用車両ミニカー
か、かわいい。
実物で見るとパワフルに見える大きいタイヤも、ミニカーで見るとなんだかデフォルメされてるみたいでかわいい。
実物で見るとパワフルに見える大きいタイヤも、ミニカーで見るとなんだかデフォルメされてるみたいでかわいい。
ほしい
ほしい
ほしい!
ほしい!
こっちはなんとラジコン
こっちはなんとラジコン
ミニカーにはそんなに興味がないのだけど、こればっかりは欲しくなった。このシリーズはボーネルンドの直営店で買えるそうです。東京だと原宿、東京大丸、六本木ヒルズ等にあります。(帰ってすぐ調べた)

間違えてよかった

間違えて行った展示会だったが、いつの間にかすっかり満喫していた。
展示会って興味のあるものに行くのもいいけど、全然知らない業界のに潜り込むのはもっと楽しい。間違えてよかったな……、と小さくかみしめながら帰路についた。
米をパック詰めする機械がアニマルプリントで妙におしゃれだった
米をパック詰めする機械がアニマルプリントで妙におしゃれだった
ヒョウ柄モデルもあるよ
ヒョウ柄モデルもあるよ
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓