特集 2013年9月30日

店頭のぼりには野心がある

のぼりあれこれ

さて、前ページまでに僕が言いたいことはだいたい言い尽くした。ここからはおまけです。

まずは僕が好きなのぼりを掲載しておきたい。
「食べようよ」「大好き」
「食べようよ」「大好き」
メッセージの意味のなさは既製品のぼりっぽいが、ちゃんと店名が入っておりオリジナルのぼりなのだ。
それにしてもこんなにワクワクするのぼりはない。「食べようよ」「大好き」。多くは語られていないのに、思い浮かぶシチュエーションは確実にデートである。セリフは頭の中で彼女の(いない場合は仮想彼女の)声で再生される。それでいて鴨せいろという渋めのメニューなのもギャップ萌えだ。

ワクワク感でいえばこっちのなか卯ののぼりもいいと思う。
こちらは数で勝負。通路の両側に整列
こちらは数で勝負。通路の両側に整列
入店しようとするとかなりのお出迎え感
入店しようとするとかなりのお出迎え感
情報という観点でいえばのぼり1本で事足りるのだが、両側に3本おいての体制は「おもてなし」というほかない。

次のはもしかしたら前ページで紹介すべき既製品のぼりなのかもしれないが、本当に既製品かちょっと判断がつかなかったのでここで改めて紹介する。
氷ののぼり。これがあったのがもんじゃ焼き屋の店頭だったのもちょっと謎なのだが
氷ののぼり。これがあったのがもんじゃ焼き屋の店頭だったのもちょっと謎なのだが
ロゴは小粋なセイウチ。これが氷屋なり製氷機メーカーのロゴなのか、はたまたとってつけたロゴ風イラストなのか、謎
ロゴは小粋なセイウチ。これが氷屋なり製氷機メーカーのロゴなのか、はたまた意識高いロゴ風イラストなのか、謎
以上、気になったのぼり集でした。

のぼらせない

のぼりといえばL字状になった専用の竿を通して設置するのが一般的だが、設置場所によっては特殊な貼り方をしている場合がある。
ロープで縛りつける
ロープで縛りつける
画鋲でとめる
画鋲でとめる
穴が広がってしまい留め直した跡が
穴が広がってしまい留め直した跡が
手作りの竿だろうか
手作りの竿だろうか
カラビナで留まっている。かっこいい
カラビナで留まっている。かっこいい
ガラスに直貼り
ガラスに直貼り
しかもテープで
しかもテープで

中でも今回特筆したいのはこちらの物件。
宝くじ販売の売店に直貼り。
宝くじ販売の売店に直貼り。
これ一見ガムテープでくしゃっと貼ってるように見えるのですが
これ一見ガムテープでくしゃっと貼ってるように見えるのですが
よく見るとガムテープを切って、丁寧にわっかを作りこんでいる。技が細かい
よく見るとガムテープを切って、丁寧にわっかを作りこんでいる。技が細かい
のぼりのデザインが工夫なら、掲示方法も工夫。両者の二人三脚により、のぼりは成り立っているのである。
一方普通のポールを使っていてもこんな工夫も。ランチタイムではないのでランチののぼりを見えなくしてある
一方普通のポールを使っていてもこんな工夫も。ランチタイムではないのでランチののぼりを見えなくしてある
わざわざ洗濯ばさみで。
わざわざ洗濯ばさみで。

いいメニュー

ほんとに取り留めがなくて恐縮だが、のぼりめぐり中にいい手書きメニューのお店を発見したので最後にご報告したい。
「品」とかすごい
「品」とかすごい
むかしの丸文字っぽい雰囲気はあるんだけど、それにとどまらない凝った書体。
全体的に丸っとしてるんだけどボトムのラインだけ妙に直線的なのがかっこいい
全体的に丸っとしてるんだけどボトムのラインだけ妙に直線的なのがかっこいい
鉛筆の手書きメニューもあったりしてこれがまた可愛い
鉛筆の手書きメニューもあったりしてこれがまた可愛い
新橋のちょっとはずれ、「まる徳」というお店。地下のお店に行く階段の途中にメニューがずらっと貼られている。興味があったら調べて見に行ってみてください。

なんかわからないけど独自に進化しているのがいい

「うまい!」とか「大好評」はまだしも、「oishii beer hietemasu.」にどれだけの集客効果があるのか、正直よくわからない。ただ何かしらの基準に基づいて、デザイナーが「よかれ」と思ってやってるのは伝わってくるわけで、そうやって謎な方向に進化を続けていく現象というのはとてもおもしろいなあと思うわけです。
こういうのぼりが一番切ない
こういうのぼりが一番切ない
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓