特集 2013年9月30日

店頭のぼりには野心がある

夢はオリジナルのぼり

彼ら既製品のぼりの夢は、オリジナルのぼりになることなのかもしれない。のぼり界にはオリジナルのぼりを頂点とした明確なヒエラルキーがあり、既製品のぼりは虎視眈々とオリジナルのぼりの座を狙っているのだ。

急に何を、と思われたかもしれないが、観察しているとそうとしか思えない事例があるのだ。
デザイン的にチェーン店でよく見るタイプのテイストで、左上に店名らしきものが書いてある。これはオリジナルのぼりだろう、と思ってよく見ると
デザイン的にチェーン店でよく見るタイプのテイストだし、左上に店名らしきものが書いてある。これはオリジナルのぼりだろう、と思ってよく見ると
店名ではなく「KAKIGOHRI」、かき氷なのである。
店名ではなく「KAKIGOHRI」、かき氷なのである。
この手のフェイクを使いだすに至っては、もう明白に、既製品のぼりはオリジナルのぼりを目指しているとしか思えない。これが記事タイトルにある、野心的で意識の高いのぼりである。

よく見ると「暑い夏はやっぱりこれ!」「つめたくておいしい」も、前ページのセオリーどおり何も言ってないコピーである。
ちなみに本物のオリジナルのぼり。たいていすみっこに店名が入っている。
ちなみに本物のオリジナルのぼり。たいていすみっこに店名が入っている。
つづいてこちら。これも「す」の左下に店舗印っぽいものが入っていてオリジナルかと思わせるのだが……
つづいてこちら。これも「す」の左下に店舗印っぽいものが入っていてオリジナルかと思わせるのだが……
よく見ると「旨」。
よく見ると「旨」。
これも左上にロゴっぽいものがあり、店名かソフトクリームのブランド名と思いきや
これも左上にロゴっぽいものがあり、店名かソフトクリームのブランド名と思いきや
「ソフトクリーム」
「ソフトクリーム」
全く同じパターンで、右上に
全く同じパターンで、右上に
「ワイン」
「ワイン」
店名あるいはブランド名っぽく見せておいて、実は一般名詞。これが意識高い系の既製品のぼりの常套手段である。

つぎは僕のお気に入りののぼり。意識の高さがトリッキーな形で表れた、ビールののぼりだ。
「ビール冷えてます」の文字に加え、一番上に何やらドイツ語っぽいものが見える。きっとビールの銘柄が書いてあるのだろう。
「ビール冷えてます」の文字に加え、一番上に何やらドイツ語っぽいものが見える。きっとビールの銘柄が書いてあるのだろう。
「オイシイ ビール ヒエテマス」
「オイシイ ビール ヒエテマス」
まさかのローマ字。しかも下に同じことが日本語で書いてあるのに!「同じこと2回書いていいんだ」というのは意識高い系のぼり界でもブレイクスルーなのではないかと思う。

ちなみにこののぼり、のぼりの右下が丸く切り取られており、ちょっとヨーロピアンな形状になっているのもいい。

最終形態

そんな流れを踏まえたうえで、これがきっと究極進化、進化の最終形態なんだろうな、という既製品のぼりを発見した。
パスタののぼり
パスタののぼり
上に店舗ロゴっぽいものがあるし、なんか細かい文字もいっぱい書いてある。

この文字量、どう見てもオリジナルのぼりだろう。当たり障りのないことしか書けない宿命の既製品のぼりで、これだけのボリュームを捻出できるとは到底思えない。

と思ってよく見てみると…。
まず一番上の店名っぽいところには「PASTA PASTA PASTA」、つづいて「おいしいものは魅力的」という趣旨の文章が書いてあり、その下の店印っぽいところも「PaSTa」
まず一番上の店名っぽいところには「PASTA PASTA PASTA」、つづいて「おいしいものは魅力的」という趣旨の文章が書いてあり、その下の店印っぽいところも「PaSTa」
下にも上と同じ文章。そして見出しは「パスタ大好き!」
下にも上と同じ文章。そして見出しは「パスタ大好き!」
これだけの文字量がありながら、その大半はただのパスタ連呼。驚くほど情報がない。

しかし逆に考えてみよう。「書ける情報がない」という制約がありながら、ここまでの文字量を書き上げたのだ。その技法こそ発明なのである。こののぼりはそんな発明の集大成と言ってもいいだろう。

最終形態と呼ぶにふさわしい一枚。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓