特集 2013年9月25日

次世代のネット技術をかっこいい工作で実体化

IPv6は速いらしい

IPv6の利点はどういうものなのか、IPが無限ということ以外は正直よく分かってない。むしろ無限なのはすごいことだから、無限なだけでいいじゃないか。

でも聞いた話によると、IPv6はIPv4に比べてネットが速いらしい。それは分かりやすくていい利点だ。それをアピールしよう。
車輪を付けた。
車輪を付けた。


速い=スピード=車だから、車輪を付けて走らせようというものすごい単純なやつだ。

難解なものを説明するときは簡単な方法でするのがセオリー。もうすでに工作でわけ分からなくなっているのは気にしない。
起動前のIPv6。
起動前のIPv6。
加速性能が半端ないIPv6。
加速性能が半端ないIPv6。
横から見るとただの箱だったIPv6。
横から見るとただの箱だったIPv6。

速さは変わらないらしい

だがもっとよく聞いてみると、どうもIPv6とIPv4で出せる速度は下り最大1Gbpsで同じらしい。そうなのか。
なんだ・・・
なんだ・・・
速くないのか・・・
速くないのか・・・

空いてるから速いかもしれない

しかしIPv6はIPv4に比べてまだだいぶ空いてるらしい。340澗もあるのに、現時点ではまだIPv4の方が利用者が多いなら、それはものすごいスカスカだろう。

出せる最大速度は同じでも、速度の出しやすさは空いてる方が圧倒的に出やすいはずだ。
空いてるから速い!
空いてるから速い!
速いぞIPv6!(※実際に空いてるから速いかのは分かりません)。
速いぞIPv6!(※実際に空いてるから速いかのは分かりません)。


IPv6がどれだけ速いかご理解いただけたかと思う。

しかしIPv6の利点はこれだけでは伝えられない。 次はもっと人を引きつける方法でIPv6をアピールしたい。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓