特集 2013年9月14日

新種のカエル、サドガエルを捕まえた

休耕田で探します

サドガエルを一番探しやすい時期は、田植え前の田起こしの時期だそうで、トラクターで土をかき混ぜると、ピョンピョンと逃げていくのが見えるらしい。

今の季節は田んぼの水の中にいるそうだが、ジャブジャブと入って稲を傷つける訳にもいかないので、生き物を育むビオトープの役割をしている休耕田となっている場所を探すことにした。
この休耕田のどこかにサドガエルがいるはず。
この休耕田のどこかにサドガエルがいるはず。
この土地の所有者である方の話だと、草むらに隠れたサドガエルを探すのはなかなか大変なようだが、私は子供の頃、トノサマガエル(だと思っていたのはトウキョウダルマガエルだったらしいけど)捕りは超得意だったので、きっとどうにかなるはずだ。

今回捕まえるのに協力してくれる人数は多いけれど、こういうのはぜひ一番に見つけて、手柄を立てたいところである。
わりと対等な関係で友達づきあいしている佐渡の小学生。
わりと対等な関係で友達づきあいしている佐渡の小学生。
泥の中に足を突っ込むことに一瞬躊躇したが、すぐにどうでもよくなった。こういう感覚、懐かしい。
泥の中に足を突っ込むことに一瞬躊躇したが、すぐにどうでもよくなった。こういう感覚、懐かしい。

生き物の密度が濃い

休耕田を歩くと、一歩ごとになんらかの生き物が現れる。サドカエルのエサになる昆虫だったり、トキの大好物のドジョウだったり、ものすごく生き物の密度が濃い。

農薬をたくさん使っていた一昔前に比べて、今は格段に田んぼやその周囲に住む生き物の数が増えたそうだ。

生き物の数が多すぎて、肝心のサドガエルが見つからないのが難点だが、この生き物の濃い生態系があってこそのサドガエルなのだろう。
カエルのエサにちょうどよさそうなコオロギがいくらでもいる。
カエルのエサにちょうどよさそうなコオロギがいくらでもいる。
バッタがいるのがわかりますか?
バッタがいるのがわかりますか?
これはサドガエルではなくてアマガエルかな。
これはサドガエルではなくてアマガエルかな。
水の中には、ドジョウがウジャウジャ。これくらいドジョウがいないと、トキは生活できないのだろう。
水の中には、ドジョウがウジャウジャ。これくらいドジョウがいないと、トキは生活できないのだろう。
ちなみに楽天イーグルスの田中投手の奥さんである里田まいさんが育てている「里田米」は、佐渡のお米である。

里田米はさすがに食べたことがないけれど、佐渡のお米は本当においしい。

田んぼの脇を流れる側溝に狙いを絞る

しばらくは休耕田を念入りに探しまくったのだが、どうにもサドガエルは見つからない。そこで田んぼの脇を流れる側溝を狙ってみることにした。

ちょうど雨上がりだし、サドガエルは吸盤がないそうなので、側溝に流されて困っているやつが溜まっている可能性は高い。
きっとここにいるはず。
きっとここにいるはず。
「見つけたらいいものあげる」といったら、俄然やる気を出した友人。
「見つけたらいいものあげる」といったら、俄然やる気を出した友人。
この側溝にも生き物はたくさんいたのだが、それでもなかなかサドガエルは現れない。

しかし、少しずつサドガエルに近づいているのが、今までに培ってきた感覚でよくわかる。

サドガエルはこの側溝に絶対いるはずだ。
ドジョウの数が本当に多い。
ドジョウの数が本当に多い。
いい感じのヤゴ。
いい感じのヤゴ。
このオタマジャクシを育てればサドガエルになる気もするが、そんな余裕はないのである。
このオタマジャクシを育てればサドガエルになる気もするが、そんな余裕はないのである。
ホタルの幼虫のエサになるカワニナ(たぶん)がたくさんいた。きっとホタルもたくさんいるんだろうな。
ホタルの幼虫のエサになるカワニナ(たぶん)がたくさんいた。きっとホタルもたくさんいるんだろうな。

それっぽいカエルを発見!

泥にまみれて側溝を漁っていると、目の前をピョンと茶色いカエルが跳ねて逃げた。

それをみんなで追いかけまわして、どうにか素手で無事捕獲。手の中には確かにカエルを捕まえた感覚がある。
チラっとはみ出ている足。カエルだ!
チラっとはみ出ている足。カエルだ!
ここでサドガエルの特徴をまとめてみよう。

・目の後ろに黒い模様がない(あったらヤマアカガエル)
・腹が黄色くて、背中のイボが小さい(腹が白くてイボが大きかったらツチガエル) 。

目の後ろに黒い模様がなくて、背中に小さなイボがあって、お腹が黄色かったら、それはサドガエルなのである。

さあ、苦労して捕まえたこのカエルはどうだろうか。
サドガエルであってほしいのだが。
サドガエルであってほしいのだが。
腹は…白いな。
腹は…白いな。
そして目の後ろに黒い模様がある。
そして目の後ろに黒い模様がある。
残念。これはどうやらヤマアカガエルだったらしい。

みなさん、 期待させてごめんなさい。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓