特集 2013年6月24日

シャープペンの芯を叩き折る機械

仕上げ

動作テストを繰り返して、最後にもうちょっとだけ微調整。
ケースの底にこういうのを仕込んだ。蓋が空いてもシャープペンが倒れない問題を解決するため、斜面にしたのだ
ケースの底にこういうのを仕込んだ。蓋が空いてもシャープペンが倒れない問題を解決するため、斜面にしたのだ
シャープペンを差し込むときにスムーズにいくようにガイドを設置
シャープペンを差し込むときにスムーズにいくようにガイドを設置
折れた芯が飛んでいってしまうので芯受けを広げた
折れた芯が飛んでいってしまうので芯受けを広げた
で、できた…
で、できた…
ここから先は、冒頭に動画で見ていただいた通りである。

おまけ・「雑」集

今回、手数が多かったので、制作の様子は簡潔にお伝えした。そのため記事上は割とスムーズにいったかのように見えるが、実際にはいろいろな雑ポイントがあったことをここでご紹介しておこう。
さいしょに仮止めのつもりでマスキングテープで貼った天板、あとでボンドでやり直そうと思っていたが、中身にホースやらサーボやら詰めてしまったせいで取り外せなくなり結局マスキングテープのまま
さいしょに仮止めのつもりでマスキングテープで貼った天板、あとでボンドでやり直そうと思っていたが、中身にホースやらサーボやら詰めてしまったせいで取り外せなくなり結局マスキングテープのまま
ホースの先も同じくマスキングテープ
ホースの先も同じくマスキングテープ
今回に限ったことではないけど、銅線の保管が雑なので絡まり放題
今回に限ったことではないけど、銅線の保管が雑なので絡まり放題
出したものを一切片付けないため、「アレさっきどこ置いたっけ…」に作業時間全体の4/1くらいを費やしている気がする
出したものを一切片付けないため、「アレさっきどこ置いたっけ…」に作業時間全体の4/1くらいを費やしている気がする
ネジ穴を適当に開けたらずれたので開け直した
ネジ穴を適当に開けたらずれたので開け直した
ネジ入れるの面倒で針金で止めた
ネジ入れるの面倒で針金で止めた
計画性のなさにより、蓋を閉めた状態で内側に部品を固定しなきゃいけないことに
計画性のなさにより、蓋を閉めた状態で内側に部品を固定しなきゃいけないことに
基板は中に収納するつもりだったのに、いろいろ仕込んだ結果、入れる場所がなく外に貼ることに…。
基板は中に収納するつもりだったのに、いろいろ仕込んだ結果、入れる場所がなく外に貼ることに…。
以上はいわばこの記事のNG集なのだが、映画のNG集と違うところは、NG部分を作り直さずにそのまま完成品になっているところである。

俺の自慢話を聞いてくれ

冒頭の動画の気合の入り方でもしかしたら感づかれたかもしれないが、この機械、かなり気に入っている。もう、誰かに自慢したい一心である。
そして、これほどの偶然もあろうかという話だが、編集部の隣の部屋で、たまたま電子工作の展示会が開催されていたのだ。
KOKUYOさん主催、ひらめきガジェットラボ展(すでに終了しました)
KOKUYOさん主催、ひらめきガジェットラボ展(すでに終了しました)
ここのスタッフの方に、僕の芯折り機を見ていただくことにした。いうなれば道場破りである。
展示会会場に、勝手に自分のブースを設置する(今考えたらひどい)
展示会会場に、勝手に自分のブースを設置する(今考えたらひどい)
僕が女性二人にひたすら自慢をしている様子を動画でご覧ください。
1度目はシャープペンが倒れず失敗、2度目はシャープペンが倒れるところまではうまくいったが、途中で引っかかってしまい失敗。3回目でやっと成功した。自慢も、しどろもどろである。
でも最終的にはウケてよかった
でも最終的にはウケてよかった
映像には入っていないが、「1回目で成功したらもっといいリアクションできたと思います」とのコメントが印象的であった。そうですよね……。(お付き合いどうもありがとうございました)

雑な工作楽しい

何するにも、雑にやるのが一番楽しいんじゃないかと思っている。きちんと計画立てて見通し立ててやればちゃんとしたものができるけど、そうしないで、実際に手を動かしながらリアルタイムで試行錯誤するのはとにかく楽しい。

とはいえその分、完成品はいびつになる。でもいびつなところが、逆にかわいく思えたりするんですよ、これが。

そういうわけですので、今後も悪意のある機械を雑に作り続けていきたいと思います。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓