特集 2013年4月14日

かたいプリンが大好きだ!

かたいプリンを作ろう

それでは先生に教わった硬プリンの極意を使ってプリンを作っていきます。
卵、上白糖、牛乳、バニラエッセンス。卵、牛乳、砂糖なら家にいつでもあるのでプリンが作りたくなったらすぐ出来る。
卵、上白糖、牛乳、バニラエッセンス。卵、牛乳、砂糖なら家にいつでもあるのでプリンが作りたくなったらすぐ出来る。
より理想の硬さを求める為、今回は白身の量を変えて3種類ほど作ります。
カラメルは全部同じ。水と上白糖で作ります。少し焦げた方が美味しいとのことでした。
カラメルは全部同じ。水と上白糖で作ります。少し焦げた方が美味しいとのことでした。
1つは全卵を3個。もう1つは全卵2個に白身を1個追加。更にもう1つは全卵1個に白身を2個追加しました。
暫くは家で食べるオヤツはプリンになるな。
暫くは家で食べるオヤツはプリンになるな。
細かい分量は以下の通り。

○白身レベル1
・全卵 3個
・上白糖 80g
・牛乳 250cc
・バニラエッセンス 適量

○白身レベル2
・全卵 2個
・白身 1個分
・上白糖 72g
・牛乳 225cc
・バニラエッセンス 適量

○白身レベル3
・全卵 1個
・白身 2個分
・上白糖 63g
・牛乳 195cc
・バニラエッセンス 適量

卵の白身は40g、黄身が20gとして砂糖と牛乳の量は調整しています。
材料を混ぜ合わせた後のプリン液に泡が残っていると食感が悪くなるので取り除きます。ラップをプリン液の上に乗せて中心から引き上げると取れます。
材料を混ぜ合わせた後のプリン液に泡が残っていると食感が悪くなるので取り除きます。ラップをプリン液の上に乗せて中心から引き上げると取れます。
作り方は教えてもらった方法そのまま。卵に砂糖を混ぜた後に温めた牛乳を入れて混ぜ合わせる。バニラエッセンスを入れたら表面の泡を取り除きます。
今回は表面に重りが乗せやすい様に平たいグラタン皿を使用。面積が変わると強度に多少影響がでますが、そこは誤差ということにして無視
今回は表面に重りが乗せやすい様に平たいグラタン皿を使用。面積が変わると強度に多少影響がでますが、そこは誤差ということにして無視
あとはカラメルを入れた耐熱容器にプリン液を入れて、天板に湯をはったオーブンに入れて150度で40から50分ほど蒸し焼きにします。
卵白だけ、卵黄だけ使うお菓子を作ると使わなかった部分が残るので使い方に困る。
卵白だけ、卵黄だけ使うお菓子を作ると使わなかった部分が残るので使い方に困る。
串で刺して液が出てこないぐらいに中まで焼けたら取り出し、粗熱をとってから冷蔵庫に入れて冷やします。

押し返されるスプーン。確かな弾力!

大体同じように見えるが硬さは違うはず。
大体同じように見えるが硬さは違うはず。
こうして3種類の分量のプリンが出来ました。卵白の率が高い物ほど表面がやや白っぽい以外、見た感じは同じです。
おおっ!確かな弾力!
おおっ!確かな弾力!
では、各分量のプリンの硬さテストをしていきます。あと味のチェックも。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓