特集 2012年12月13日

首都高50歳の誕生日を祝う

あなたが40歳のとき、わたしは上京しました。都心を歩き回るのが好きで、特にあなたの姿をビルの陰から見かけると、延々とその下を沿って歩いていたりしたのです。道路が立体構造で縦横無尽に行き交う姿は、車が空を飛び交う、漫画に描かれたような未来ではなかったけれど、私の心をときめかせるには十分なほど未来でした。
毎日新聞社の私道と化す区道を抜けると
毎日新聞社の私道と化す区道を抜けると
ちらっと見えるお堀に料金所に何層だかわからないくらい重なった道路。首都高名物のTHEしっちゃかめっちゃかゾーンに突入である。
ちらっと見えるお堀に料金所に何層だかわからないくらい重なった道路。首都高名物のTHEしっちゃかめっちゃかゾーンに突入である。
補修が終わっても補修中っぽい、日本橋川上の苦労ゾーン。
補修が終わっても補修中っぽい、日本橋川上の苦労ゾーン。
あなたは不本意かもしれないけれど、首都高がいちばん輝いている姿は、私はやっぱり川の上ににょっきりと、幾重にも重なったり、曲がりくねったりを繰り返しながら、苦労して苦労して架かっている、日本橋川だと思うのです。
白地に薄ベージュのモンドリアン橋脚。
白地に薄ベージュのモンドリアン橋脚。
135年目の石造の常磐橋と、50年目の首都高。歩道橋だった常磐橋は最近ついに通行止めになって補修されるらしい。あと50年したら、首都高はどうなっているんだろう。
135年目の石造の常磐橋と、50年目の首都高。歩道橋だった常磐橋は最近ついに通行止めになって補修されるらしい。あと50年したら、首都高はどうなっているんだろう。
ここに架かるいろんなタイプの橋脚たちは、古く歴史のある橋も多い日本橋川ではすっかり邪魔者扱いされているのだけど、あなたが同じだけの歳を重ねたら、きっと同じくらいの魅力を増すと私たちにはわかっている。そしてその前に、まだ若く現役であるあなたを応援したい。
16:30 なんとか明るいうちに江戸橋ジャンクション着。50歳とはとても思えぬ健脚ぶりである。なんかつやつやしてるし。
16:30 なんとか明るいうちに江戸橋ジャンクション着。50歳とはとても思えぬ健脚ぶりである。なんかつやつやしてるし。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓