特集 2012年12月10日

ゲーム感覚でプレゼンしよう

ようやくゲーム入ります

「ゲーム感覚で」ってタイトルのわりに全然ゲーム要素がでてこない記事ですいません。ようやくコントローラーが登場する。

さっきの基板を64のコントローラーに埋め込んで、スイッチを付け替えるのだ。
プレゼンの場で目を惹きやすいピカチュウモデル
プレゼンの場で目を惹きやすいピカチュウモデル
開けるとこうなってて
開けるとこうなってて
中身を裏返すとこんな
中身を裏返すとこんな
緑の基板についてる、「LEFT」とか「DOWN」とか書いてある黒いところが各ボタンの端子。真ん中が白線で区切られていて、この線をまたいで電気を通すと、ボタンが押されたことになる。

いっぽう、後ろに見えるグレーの板についてる黒いゴムが、ボタンの裏側。ゴムには電気を通す塗料が塗ってあって、ボタンを押すとこれが白線の両側に当たって、電気を橋渡しするらしい。
のだが、今回は全部使わない
のだが、今回は全部使わない
もともとの端子は全部テープで埋め立て。これから上に独自の端子をつけていく。

感動してもすぐ忘れる

銅板を買ってきた。
銅板を買ってきた。
ホームセンターにある「これ誰が何のために買うんだよ」と思ってた商品、どんどん自分が買う側の人間になってきた。
切って
切って
銅線をはんだ付けした
銅線をはんだ付けした
両面テープをつけます。モジャー
両面テープをつけます。モジャー
こういう海洋生物いそうだ。大きな1匹に見えて、実は触手の1本1本が別の個体である。

この銅板を64のボタンにつけて、銅線の方をキーボードの基板につける。
両面テープでペタペタ貼っていく
両面テープでペタペタ貼っていく
複雑な回路に見えるけど全部セロハンテープで埋めたので、あとから貼った銅板以外はただの板としてしか使ってないです
複雑な回路に見えるけど全部セロハンテープで埋めたので、あとから貼った銅板以外はただの板としてしか使ってないです
さっきキーボードを分解したとき「配線が共有できていてすごい」と感激したのだが、それを全く生かさず全部のスイッチに2本ずつ銅線をつけてしまった。おかげでもっじゃもじゃである。

裏にキーボードの基板を貼り付けて
裏にキーボードの基板を貼り付けて
銅線を、前ページで調べた番号の端子に付ける
銅線を、前ページで調べた番号の端子に付ける
加速するもじゃもじゃ
加速するもじゃもじゃ
これでたぶんキーボードの機能ができたと思う。あとはケースに戻して完成。
ネジ止めして
ネジ止めして
あっ、閉まらない…。
あっ、閉まらない…。
ありがち!
中のプラスチックを削ったり、要らなそうな部品を取り外したりしてなんとかスペースを作る。
閉まった!(力ずく)
閉まった!(力ずく)
まだ浮いてくるケースを力ずくで押さえ、無理やりネジ止めする。

最後は暴力の力で、ようやく64コントローラーの外装をまとったキーボードが完成した。
パソコンにつないで、動くかどうか試してみよう。
操作できてる!!!
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓