特集 2012年8月20日

ティッシュはホームセンターで買うと13.3倍安い

殿様商売かと思いきや「METRO'S」

名前を聞いてもピンと来ないかもしれないが、駅の売店である。東京メトロ版キオスクだ。

メトロでまず驚いたのが、独自商品のティッシュが売られているところ。
この台紙にどっさりなってる
この台紙にどっさりなってる
台紙にスコッティと書いてあるので中身は日本製紙クレシアのOEMなのだと思うけど、まさか独自パッケージで販売してるとは思わなかった。枚数も18組入りと独特。我が道を行くパッケージ形態である。

で、このMETRO'Sティッシュが1組あたりの最高値であること、そして60円で購入価格としては最安値であること、この2点については前ページで触れた。
しかしだからといって、駅で安くティッシュを手に入れる方法がないわけではない。こんなのがあるのだ。
メカ売店登場
メカ売店登場
AUTO METRO'Sといって、自販機のみの売店。どこの駅にもあるわけではないと思うが、大きな乗換駅ならたまに見かける(写真は永田町)。飲み物、お菓子、日用品まで幅広く売られているのが特徴。
もちろんティッシュも!
もちろんティッシュも!
ここで買うと1組当たり2.50円。有人売店と比べると75%の値段で買えるのだ。この値段、実は同商品をセブンイレブンで買うより安い。攻略法さえ覚えておけば、駅でティッシュを買うことはそんなに恐ろしいことではないのだ。

もはや遺跡 駅トイレ自販機

今回最も気になっていたのが、この物件だ。
これほんとに動くのかよ、という年季。
これほんとに動くのかよ、という年季。
実は僕はこの自販機、一度も使ったことがない。一応「営業中」の表示が出ているのだが、実際の所、本当に動くのだろうか…。
100円玉を投入
100円玉を投入
カツーン
カツーン
乾いた音とともに、下からそのまま出てきた。何回試しても同じ。明らかに営業していない感じである。もはや、遺跡。


だが今回は価格調査のために100円で何組入りなのか調べる必要があって、「遺跡でした」で終わるわけにはいかない。別の駅で試してみた。
よく見ると駅によって商品ラインナップが違うのである
よく見ると駅によって商品ラインナップが違うのである
そして手に入れたのがこれ
そして手に入れたのがこれ
出てきたのは、15組入りとまた独自路線のポケットティッシュ。今回調査した全ティッシュ中、最も最高値だったのがこちらである。しかしいくつかの駅をめぐってようやく、しかもどこか古代テクノロジーの匂いを感じる機械を操作して手に入れたこのティッシュ。手にすると妙な達成感があった。この体験、プライスレスである。

バラの花舞う高級コンビニ「ナチュラルローソン」

コンビニは3軒回ったのだが、中でもナチュラルローソンは高級コンビニとしての意地を見せたハイソサエティなラインナップであった。
あるのは厳選2品のみ
あるのは厳選2品のみ
右にあるのは言わずと知れた、高級ティッシュ・鼻セレブである。左にあるのはピンク地にバラのプリントがエレガント、「BALA」だ。
「おしゃれでクールなティッシュ」を自称
「おしゃれでクールなティッシュ」を自称
これ、買ってみたのだが、なんと透かしが入っている。
お、おしゃれでクール!!
お、おしゃれでクール!!
香りつきではないのだが、それでも鼻をかむときはなんだかエレガントな気分になるティッシュである。高級感に対する妥協しなさ、さすがナチュラルローソンであった。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓