特集 2012年6月25日

一回溶けてもおいしいアイス調べ

スーパーカップ チョコミント
!

ハミガキ

スーパーカップバニラがおいしかったので、これもいけるだろう。そう思ってたら見事に裏切られた。
道路際の雪、降って2日後。といった感じのビジュアル
道路際の雪、降って2日後。といった感じのビジュアル
ヒキの比較写真撮り忘れました。左:溶ける前、右:再冷凍
ヒキの比較写真撮り忘れました。左:溶ける前、右:再冷凍
食感のシャリシャリした感じはバニラのそれと同じ。ただし、甘みが弱まっており、そのぶんミント味が強く立ち上がっている。

このミント味がくせ者で、ミントと言えば聞こえはいいのだが、要はハミガキの味なのだ。あれ、チョコミントってこんなだっけ…、と思って溶かす前のを食べてみると、ちゃんとおいしい。再冷凍の方を食べてみると、やっぱりハミガキ味。おかげで清涼感だけはバツグンだが、これ食べるくらいなら歯磨きした方が虫歯にならないし良いよな、と思いました。
うまさ
★☆☆☆☆

別の食べ物度
★★★★★

ピノ
!

デロデロのかたまり

手軽でおいしくて、形も可愛いピノ。普段はチョコでコーティングされた小さなドーム型の形状だが、一度溶かすことによってその崩壊は必至である。まずは見ていただこう。
左:溶ける前、右:再冷凍
左:溶ける前、右:再冷凍
チョコとバニラがマーブル状に解け合っておいしくなるかも知れない、という狙いがあった。確かにマーブルにはなったが、このあふれっぷり…。
スティックが埋没してしまったため、スプーンですくって食べてみる
スティックが埋没してしまったため、スプーンですくって食べてみる
ご存じの方も多いと思うが、アイスには乳固形分によって「ラクトアイス」「アイスミルク」などグレードがある。ピノはその中でも乳固形分の多い「アイスクリーム」に分類されるはずなのだが、この再冷凍のピノは、アイスもチョコも、濃厚さを全く感じない。ペラッペラの味である。
開封前。振っても音がしないのが衝撃的であった
開封前。振っても音がしないのが衝撃的であった
マーブルになったり形が変わったりと変化はあったが、それ以前に味のクオリティがだだ下がりした。今後、ピノを溶かすことは大罪であると心得よう。
うまさ
★★☆☆☆

別の食べ物度
★★★★★

ガリガリ君 ソーダ
!

ガッカリ君

去年、梨味が品薄となり話題だったガリガリ君だが、今回はオーソドックスにソーダ味で実験。
左:溶ける前、右:再冷凍
左:溶ける前、右:再冷凍
なぜか色が変わった。再冷凍の方はエメラルドグリーン入ってて、元の人工的な色と比べてネイチャー感アリ。
棒に注目すれば、氷漬けのマンモス的なかっこよさも。
棒に注目すれば、氷漬けのマンモス的なかっこよさも。
棒がこの状況なのでかじりつく姿も自然と野性的に
棒がこの状況なのでかじりつく姿も自然と野性的に
食感が、板だ。再冷凍したことで、氷の目(?)が変わったのだろう。かじると雲母のように板状になって剥がれてくる。噛むとパリパリするのだ。そして、味の方はなぜか薄い。

ガリガリ君と言うよりも、食感的にはパリパリ君、味的にはガッカリ君、といった感じです。
うまさ
★★☆☆☆

別の食べ物度
★★☆☆☆

チョコパイ
!

裏返しになって死ぬ

チョコケーキ系代表はこちら。スポンジっぽい生地にアイスが挟んであり、その上をチョココーティングしてある。
左:溶ける前、右:再冷凍
左:溶ける前、右:再冷凍
なんで袋のままかというと、どう頑張っても袋から取り出せなかったからだ。
同化している
同化している
袋の中に、繭でも作ったかのように同化している。
スプーンですくって食べてみると、チョコがただ甘く、ビターな味わいが失われてしまった感じがする。あとスポンジが潰れて、味も妙に甘くなったような。全体に味が甘みに偏りすぎているのだ。
断面
断面
気づいたんだけど、このチョコパイ、裏返っている。中にあったバニラアイスが外に染みだしているし、外側だったチョコ+スポンジが中に格納されている。
前に読んだ怪談で、さいご「裏返しになって死ぬ」という結末のものがあり、どういう状態だよ、と思っていたのだがこういうことなのだろう。チョコパイは再冷凍すると裏返って甘くなって死ぬ。
うまさ
★★☆☆☆

別の食べ物度
★★☆☆☆
というわけで「これはないわ…」は上記の4つ。
最後のページでは、「可もなく、不可もない」3つをご紹介します。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓