特集 2011年12月26日

挟まれると痛いエレベーターしらべ

デックス東京ビーチ
!

■エレベーター概要

こちらもお台場にあるショッピングモール。昭和の町並みを再現した台場一丁目商店街や、セガの屋内型遊園地「ジョイポリス」などがある。エレベーターのメーカーは表示がなく不明。
ドアスイッチは片側
ドアスイッチは片側

■挟まれ心地

人なつっこさを感じる
人なつっこさを感じる
ビーナスフォートにと同様、連続で何度も挟んでくるタイプだが、感触はだいぶソフトタッチ。か弱い力で何度もアタックしてくる様子は、ねえ、ねえ、ねえってば、とドラマに夢中のお母さんに話しかける子供のようでもある。

特筆すべきは、途中でアナウンス音声が変わるところだろう。最初は、ドアが閉まります、ドアが閉まります、だったのが、しつこく挟ませているとピピピピっていう警告音が鳴り始める。全然振り向いてくれないお母さんに、子供が癇癪を起こし始めるのだろう。
泣く子供の注意書きが象徴的である
泣く子供の注意書きが象徴的である
お母さんはテレビに夢中になってないで、子供にもっと愛情を注いであげてほしい。
弱い力といえど繰り返しのアタックで、うまい棒は一部が崩壊
弱い力といえど繰り返しのアタックで、うまい棒は一部が崩壊
デックス東京ビーチ

挟まれやすさ
★★★★★

痛さ
★★☆☆☆


メディアージュ
!

■エレベーター概要

メディアージュはお台場にあるアクアシティというショッピングモールの一部であり、映画館やソニーのショールームなどが入った、「アクアシティのオシャレ部門担当」といった感じのスポットだ。エレベーターのメーカーは不明。
左右両方の扉に押し込みスイッチがついているタイプ
左右両方の扉に押し込みスイッチがついているタイプ
お台場随一のオシャレエレベーターであり、カゴは細い柱を伝って動いていて、軌道を囲う壁がない
オシャレエレベーターなのでカゴは細い柱で支えられていて、軌道の外壁がない

■挟まれ心地

閉まりかけたドアに無理やり割り込むと、急にブー、ブー、っていう警告音がなり始めて焦った。焦りのあまり自分の写真を撮り忘れてしまった!
しかも挟まるのをやめ、ドアが閉まってエレベーターが動き出しても警告音はしばらく鳴りやまず、壊してしまったのではと思い本気でヒヤヒヤした。

挟まれ心地としては最初の豊洲に並ぶくらいの優しさだったのだが、この警告音で、気持ち的にはかなり効いた。物理ダメージはないんだけど精神的インパクトがある、ドツキ漫才で使うハリセンのようなエレベーターである。
ドアの危険性についての警告がやたら多いのも精神面にプレッシャーをかけてくる
ドアの危険性についての警告がやたら多いのも精神面にプレッシャーをかけてくる
うまい棒は小凹み程度
うまい棒は小凹み程度
メディアージュ

挟まれやすさ
★★☆☆☆

痛さ
★☆☆☆☆


アクアシティお台場
!

■エレベーター概要

アクアシティ内のメディアージュ以外の部分にあるエレベーター。まったくの余談だが、アクアシティには「東京リゾー島」というなんとも脱力感あふれる二つ名がついている。
メーカー不明だが、ドアスイッチは両側
メーカー不明だが、ドアスイッチは両側

■挟まれ心地

閉まりかけたところに飛び込んでも、すばやく人を感知して音もなくスッと開いてくれる。まったく紳士的なエレベーターだ。…最初はね。20秒ほどたった時だろうか、彼、豹変したんです。

ドアの間に僕が立っているにも関わらず、急に「ドアが閉まります」とアナウンスが流れ、問答無用で閉まるドア。体にガツンと当たるといったん開くんだけど、間髪入れずにすぐ閉める。ガンッ、ガンッ、ガンッ、ガンッ。中学生の頃ヤンキーに絡まれて、小さく体当たりされながらガンガン壁際に追い詰められた経験があるだろうか。あの感じである。
ウオオオ
ウオオオ
普段は紳士的なんだけどキレると豹変する、しかも結構すぐキレるという、割とタチの悪いパーソナリティーのエレベーターであった。
うまい棒は一撃目で体から外れてしまい大破には至らず。何度も浴びていたら確実に粉々であったろう
うまい棒は一撃目で体から外れてしまい大破には至らず。何度も浴びていたら確実に粉々であったろう
大量の警告シールにもうなづける
大量の警告シールにもうなづける
アクアシティお台場

挟まれやすさ
★★★★★

痛さ
★★★★☆


ゆりかもめ青海駅
!

■エレベーター概要

ゆりかもめ青海駅の1Fから改札のある2Fへ行くためのエレベーター。けっこう年季が入っているので、設計が古くガンガン閉めてくるタイプではと予想。
なんたってこのボロさである
なんたってこのボロさである
メーカーはOTIS
メーカーはOTIS

■挟まれ心地

意外にも、これもふんわりと包み込んでくるタイプのエレベーターだった。そのため「豊洲と同じ機種」と取材メモには書いてあったのだが、今見たら東芝とOTISで違うメーカー。挟まれやすさ、挟まれ心地の面では区別がつかなかった。
無理やり挟まってみたが衝撃なし
無理やり挟まってみたが衝撃なし
しかしドアにちょっと触れただけのうまい棒が思いのほか鋭角にえぐれておりビックリした
しかしドアにちょっと触れただけのうまい棒が思いのほか鋭角にえぐれておりビックリした
性格は優しさに溢れているのだが、なんらかの事情で手を出してしまうと、その切れ味はするどい。映画「シザーハンズ」の主人公を彷彿とさせるキャラクター性である。
ゆりかもめ青海駅

挟まれやすさ
★★☆☆☆

痛さ
★☆☆☆☆

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓