特集 2011年12月26日

挟まれると痛いエレベーターしらべ

ゆりかもめ豊洲駅
!

■エレベーター概要

まずはお台場に行く途中で立ち寄ったこちらから。
本日のファーストエレベーターとして、景気よく豪快な挟みをお見舞いしてほしい…ところだが、これが意外に挟んでくれないのだ。
メーカーはフジテック製
メーカーはフジテック製
片側のドアに挟まれ防止のスイッチがついているタイプ
片側のドアに挟まれ防止のスイッチがついているタイプ
ドアの間に立って待ってると閉まらない。そのまま「閉」を押してもウンともスンとも言わない。どうも赤外線センサーか何かで人の存在を検知しているようなのだ。
思いっきり身構えてこんな顔になるもドアは動かず
思いっきり身構えてこんな顔になるもドアは動かず
試行錯誤の結果、「閉」を押して扉が動きかけたところへ無理やり身体をねじ込むことで、挟まれることができた。

ふだん何気なくはさまれているので気づかなかったが、日常生活においても、エレベーターにはさまれるのはたいていこの「閉まりかけのところに飛び込む」ケースである。

■挟まれ心地

かなりソフト。無理やり挟まれた僕に対して、「いたずらしちゃダメじゃないの」、と咎めるような優しいタッチ。ドアの隙間は、包み込まれるようなやさしい空間であった。
長居したくなる隙間
長居したくなる隙間
僕の存在を検知した扉はすぐに開いてしまうのだが、「もう少し長く居たい…」。そう思わされる心地よさがあった。
ソフトタッチのため、うまい棒にはわずかな凹みのみ
ソフトタッチのため、うまい棒にはわずかな凹みのみ
ゆりかもめ豊洲駅

挟まれやすさ
★★☆☆☆

痛さ
★☆☆☆☆


お台場パレットタウン
!

■エレベーター概要

お台場の観覧車のふもとにあるエレベーターだ。

こちらも人が立っているとドアが閉まらないタイプで、挟まれるためには、閉まりかけたところにタイミングよく飛び込む必要があった。
メーカーは東芝
メーカーは東芝
ドアスイッチは片側
ドアスイッチは片側

■挟まれ心地

!
グググとせり出してくるドアの間に体をねじ込む。強い!かなり凶悪!と一瞬だけ思ったのだが…。

体でよく味わってみると、この力は暴力的なそれではない。がっちり抱きかかえられているような力強さ。むしろ頼もしさを感じるホールド感である。
女性週刊誌に載っているという「抱かれたい男性タレントランキング」、異性視点であるがゆえに今までピンと来なかったのだが、ここでいう「抱かれたい」とはこういうことであったか、と腑に落ちた。俺の心の抱かれたいランキング、一位は東芝。
とはいえうまい棒は粉々に
とはいえうまい棒は粉々に
ちょうど食べやすいサイズであった。抱かれたい上に料理もうまい
ちょうど食べやすいサイズであった。抱かれたい上に料理もうまい
お台場パレットタウン

挟まれやすさ
★★☆☆☆

痛さ
★★★☆☆


ビーナスフォート
!

■エレベーター概要

お台場のショッピングモール。公式サイトには「17~18世紀の中世ヨーロッパの町並みを模したエンクローズド型ショッピングモール」とあるが、エレベーターの方はとてもそうは思えない派手さである。
メーカーは日立
メーカーは日立
こちらもドアスイッチは片側
こちらもドアスイッチは片側

■挟まれ心地

力強すぎない、小突くようなアタック。しかし、止まらない。
ドアが閉まります、ガッツーン、ドアが閉まります、ガッツーン、ドアが閉まります、ガッツーン、(繰り返し)。アナウンス音声とドアが、息の合った餅つきのようなテンポ感で繰り返し僕を挟んでくるのだ。
リズムよすぎて笑ってしまう
リズムよすぎて笑ってしまう
とにかく軽快。店内BGMのハウスミュージックもあいまって、一度ドアに挟まれればそこはダンスフロア、ハチャメチャグルーヴィーな俺たちのサタデーナイトフィーバーが始まるぜ、といった感じであった。
何度も攻撃を受け粉々になってしまったうまい棒
何度も攻撃を受け粉々になってしまったうまい棒
どうやら人を挟んだときの対応には、エレベーターによって、「ドアを開いて人がいなくなるまで待つ」「ドアを一瞬開いてすぐまた閉める」の2種類あるようだ。前の2つは前者、今回は後者のパターン。
ビーナスフォート

挟まれやすさ
★★★★★

痛さ
★★★★☆

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓