特集 2011年12月13日

山田うどんを作りたい(店舗を)

あきらめていた屋根のふた

屋根の縁は、不格好ながらもなんとかなった。
そして、図面を引くのをすべて放棄していたのが、屋根のいちばんてっぺんの部分である。
傾斜した屋根がどれくらい窄まって、「ふた」の部分の寸法がどれくらいになるのか、計算するのをあきらめていたのである。
この部分は、図面がない
この部分は、図面がない
じっくりと計算すれば寸法を出すことはできるんだろうけど、もうそこまで脳を働かせる力が残っていなかったので、考えないことにしていたのだ。
これもできあがったものからサイズを測って作っちゃえと思っていた。
もしうまくいかなかったら、屋根は写らないように撮影しよう。
これも現物あわせ
これも現物あわせ

だいたいのことはなんとかなる

えいや、と鉛筆で適当になぞって、カッターで切ってみたら、ちょっと微妙なかんじではあるが、なんとかなってしまった。
まあ、だいたいのことはこういうふうに、なんとかなってしまうのである。
こういういい加減な成功体験が僕をだめにしているんだなとあらためて思った。
そこそこいい線で切れた
そこそこいい線で切れた

いよいよ看板

これがなくちゃ山田うどんじゃない
これがなくちゃ山田うどんじゃない
半ば強引ではあるが作業を進めて、店舗はほぼ仕上がった。
あとは看板である。
まさしく画竜点睛の瞬間だ。
仏像に魂を入れる作業
仏像に魂を入れる作業

マイ山田うどん完成

数えるのもいやになるくらいの日数をかけて、山田うどんの模型は完成した。
もう冬ね、公園も寂しいわ
もう冬ね、公園も寂しいわ
おや、ベンチに何かあるわ
おや、ベンチにあるのはなにかしら
まあ! 山田うどんだわ
まあ! 山田うどんだわ

今日も残業つかれたなあ
今日も残業つかれたなあ
お、こんなところに
お、こんなところに
山田うどんが!
山田うどんが!

回転看板も作りたかった

本当をいうと、山田うどんの名物である、あの回転看板も作ろうと思ったのだが、残念ながら時間切れである(模型が完成したのは今朝の3時)。
細かい部分で納得いかない仕上がりの箇所もいくつかあるので、もうすこし技術のレベルアップに励んで、より完成度を高めた山田うどんを作りたいと思っている。
…というくらいに、建築模型作りが楽しかった。
材料がまだあまっているので、つぎはセイコーマートでもつくろうかな。
この玄関はかなり気に入っている
この玄関はかなり気に入っている
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓