特集 2011年10月3日

京都のディープスポット・ネコと飲める店「ネコ穴」

そうだ、ネコ穴だった

店のインパクトが強すぎてすっかり忘れていたが、そもそも僕はネコがいると聞いてこの店に来たのだった。
床には食べかけのキャットフードが転がっていた
床には食べかけのキャットフードが転がっていた
入店したときはネコはいなかったのだけど、たまさんが呼ぶと2階からおずおずと降りてきた。賢い。
こっちは、はなえさん
こっちは、はなえさん
こっちがオーちゃん
こっちがオーちゃん
お店には2匹のネコがいる。お店にいる、というか要はたまさんが飼ってるだけの話なのだが、「ネコ穴」という店名のとおりこの店の主役でもある。
飲み屋で暮らしてるだけあって、かなり人に対してオープンなネコだそうだ。
ちょっと触ってやるとこんなふうにフルオープンだそうです
ちょっと触ってやるとこんなふうにフルオープンだそうです
なでたい放題らしい
なでたい放題らしい
らしい、ってなんで伝聞口調なのかというと、この猫たち、この場にいた人間のうち僕に対してだけは頑として心を開いてくれなかったからだ。
ついさっきまでこんなにくつろいでいたのに、僕が近づくと
ついさっきまでこんなにくつろいでいたのに、僕が近づくと
「あ、用事思い出したわ」とばかりにスタスタと
「あ、用事思い出したわ」とばかりにスタスタと
挙句、土間で2匹そろって陰口
挙句、土間で2匹そろって陰口
俺、思わず無表情に
俺、思わず無表情に
同行の友人によると、「ネコに逃げられる人は、触るときに『触るぞ、これから触るぞ』っていう空気を出すからよくない」らしい。

なるほどーと思い、まずいったんネコの脇を通り過ぎて土間に移動、外のようすでも見るふりをして、帰り道にさりげなくペロッと触る作戦に。
ビューン!ってすごいスピードで逃げていった
ビューン!ってすごいスピードで逃げていった
そういうわけで僕にとって人懐っこいネコは都市伝説であり、この記事に出てくるネコの写真はほとんど同行の西村さんが撮ったものだ。

ネコリフト

西村さんがおもしろいことを見つけた。
はなえさんの腰の辺りをくすぐると、尻が上がるのだ。
尻が上がる!
尻が上がる!
上の写真は、ブレのせいでものすごい勢いで尻が飛び出したように見える。おかげで過剰な臨場感がでた。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓