特集 2011年9月19日

おとなの算数ゲーム「つり銭たくさんもらい競争」

限られた選択肢・マクドナルド

3店目はマクドナルド。西友やコンビニと比べると圧倒的に商品が少なく、かつ値段はすべて10円単位。選択肢が限られているだけに、作戦が問われる。

たとえばバリューセットで百円玉を数枚使うかわりに大量の十円玉をゲット、といったような、「安い=おつりが多い」の先入観を覆す選択肢もあるかもしれない。
ここでおもむろに携帯を取り出す工藤さん
ここでおもむろに携帯を取り出す工藤さん
上の写真の満面の笑みを見てもらえればわかると思うが、彼には作戦があったのだ。

それが、クーポンの存在。価格ラインナップの少ないマクドナルドも、割引クーポンを使えば、値段のバリエーションがぐっと広がる!
これ以上ない、という笑みでコーヒーを買ってきた
これ以上ない、という笑みでコーヒーを買ってきた
安藤さんは紙袋。もしかして高めのバーガーを攻めたか
安藤さんは紙袋。もしかして高めのバーガーを攻めたか
そしてここでとんだ番狂わせが。
首位を走っていたはずの僕が
首位を走っていたはずの僕が
レジ前で長考することのプレッシャーに耐えかね
レジ前で長考することのプレッシャーに耐えかね
まさかの100円ドリンク!
まさかの100円ドリンク!
精神面での弱さが出た。レジでメニューとにらめっこすること数十秒、「店員さんを待たせている」というプレッシャーに耐えかねて、おつりのない100円メニューを選んでしまったのだ!
慌てるにしてももっとマシな選択肢はあったと思うのだが、このときは本当に動転していた!
というわけで買ったのはこれだけ
というわけで買ったのはこれだけ
工藤さんの渾身の一撃、アイスコーヒーは120円だった。いやしかし、僕も工藤さんの動きを見て、マクドナルドのサイトでクーポンをチェックしたのだ。でもコーヒーなんてなかった。なぜ…、と思っていたら、どうもドコモのサイトのクーポンをつかったそうだ。盲点…!

しかも安藤さんは店頭メニュー上で目ざとく120円の商品を発見。アイコンチキンだった。そしてそのどちらも見つけられなかった僕は100円…。
逆転
逆転
安藤さんがトップに躍り出て、僕と工藤さんが並んだ。最後の店で再逆転にかけるしか…。

といいたいところなのだが、僕のゲーム設計のまずさにより、このときすでに逆転の芽は摘み取られていたのである。

よりによってラストの100均

そう、最後は100均なのだ。値段はすべて105円。ここで差はつかない。

実は、全員同じ値段にすることによって「どの硬貨で払うか」の面で戦略性を持たせようとしたのだが、この時点で全員、一番効率のよい100円玉2枚を持っていたため、意味がなかった。(誰かが500円玉もってたらまた違ったんだけど)

あきらめ半分で入店、制限時間は10分。
そして目の前に現れた1枚の案内
そして目の前に現れた1枚の案内
安藤さんが「2個105円のお菓子をひとつだけ売ってくれ」と店員に交渉しているのを聞き流しながら店内をうろついていると、上の写真の案内が目に入った。157円。200円出せば43円=7枚のおつり!!

と思って必死で店内を探したのだが、このシールが張られた商品は見つからず、結局全員105円の商品を購入。
4店目いらなかったんじゃないか疑惑(正解)
4店目いらなかったんじゃないか疑惑(正解)
もうみんな自由に自分がほしいものを買っている
もうみんな自由に自分がほしいものを買っている
勝負あり。もう優勝者は歴然だが、いちおう最終結果をごらんいただこう。
安藤さん優勝
安藤さん優勝
4度の買い物を経て、1000円札から最終的に28枚の小銭を作り出した安藤さんが優勝。

楽しかったけど、壮絶に頭を使う戦いであった。
こうして3つの塔が建造された
こうして3つの塔が建造された
ちなみに、写真ではわかりにくいが石川タワーと工藤タワーを比べると石川タワーのほうが微妙に高い。これは枚数が同じでも硬貨の内訳が違うからで、工藤タワーのほうが薄い一円玉が多くなっているのだ。

そういうわけでこのゲーム、頭は使うがものすごく面白い。

ざっとあげただけで

・おつりの金額
・5円、50円の存在
・500円玉を使うタイミング
・硬貨の種類ごとに違う厚み
・クーポンやマイバッグによる値段調整
・制限時間との戦い


これだけ多くの戦略要素のあるこのゲーム。終了後は、全員が「もう1回やりたい」と言っていた。ただし、まだ一度もこのゲームをやったことがない人を相手に…。

ところでずっと気になっていたと思いますが

なぜ3人ともおそろいのTシャツを着ているのか。それはチャリティ企画でYahoo!オークションに出品していた「記事で名前入りTシャツ着ます」権を「うなぎ屋 譽兵衛(よへい)」様に落札していただいたためである。

同じ落札者の方が「デイリーポータルZのロゴ変更権」も落札されたため、この記事の掲載時点(2011/9/15)ではサイトロゴもうなぎ、Tシャツもうなぎ、とサブリミナルにもほどがある状態になっている。

今日の夕方ごろに「今日はなんだか無性にうなぎが食べたいなあ」と思われる方がたくさんいると思うが、その節はぜひうなぎ屋 譽兵衛(よへい)にアクセスしていただきたい。
偶然だがズボンも全員にたような色のをはいており、全身ペアルックのようで恥ずかしかった
偶然だがズボンも全員にたような色のをはいており、全身ペアルックのようで恥ずかしかった
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓