特集 2011年8月17日

青森でかいものめぐり

完成度の高さがすごい

展望台の下には過去の田んぼアート作品が飾られているのだけど、よく見ると年を経るに従って、作品の完成度がどんどん向上してきているのが面白い。
2004年 棟方志功
2004年 棟方志功
2006年 風神雷神図
2006年 風神雷神図
2008年 恵比寿様と大黒様
2008年 恵比寿様と大黒様
2010年 弁慶と牛若丸
2010年 弁慶と牛若丸
下の文字なども、最初はなんだか中学生が美術の時間にやりましたみたいなレタリングだったのが、いまやかなり堂々として綺麗なフォントになっているのが素晴らしい。

実は歪んで描かれている

この田んぼアートは、天守閣風の展望台から眺めて歪まないように、遠近法を使って描かれている。したがって、上空から眺めるとかなり歪んでいる。
ちょっと怖い
ちょっと怖い
これが↓こうなるのだ。
うーん。不思議!
うーん。不思議!
ちなみに、GoogleMapで田舎館村役場を見てみるとこんなことになっている。
GoogleMapの写真は、おそらく、2009年の写真だ。この年の田んぼアートは戦国武将(直江兼続)とナポレオンだったらしい。その時の様子はこちら→田舎館村(リンク

田んぼアートの近くにある世界地図はなんなのか?

ところで、この田舎館村の田んぼアートをGoogleMapで調べていると、へんな池があるのに気づいた。それがこれだ。
これ、どうみても世界地図……。本当にこの大きさで世界地図ならこれも田んぼアートに匹敵するでかさになるのではないだろうか? そんなに遠くないので行ってみた。
世界の稲ほ場?
世界の稲ほ場?
しかし、現場に到着しても、世界地図らしき池は見当たらない……たしかこの池のはずなんだけど。
なんにもない……
なんにもない……
なんにもない……。今はやってないのか。

あとで、近くにある道の駅に電話して聞いてみたところ、たしかに2年ほど前まで、水草を世界地図の形にして植えては居たけれど、今はもう止めてしまって、もち米を作ってますとのことだった。
うーん、やたらでかい世界地図、この目で見たかった……。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓