特集 2011年7月29日

冷や奴はどこにでもある

天やのかつお節が荒い

リーズナブルな天丼でお馴染みの天や。ここにも冷や奴は置いてあった。確かに和食のサイドメニューといった雰囲気で、違和感はない。
何ともないように見えて、かつお節の荒削り感が凄い
何ともないように見えて、かつお節の荒削り感が凄い
天やの冷や奴はかつお節が凄い。荒く削ったのがふわっと立体的に豆腐の上に乗せられている。醤油をかけて食べたら、口の中で旨味成分が爆発。なんだか気持ちが天丼どころではなくなってしまった。
かつお節の荒さをとらえようとした一枚
かつお節の荒さをとらえようとした一枚
これもすき家同様、一点突破型の冷や奴と言えるだろう。それにしてもかなり前に出てくるタイプの冷や奴である。

大戸屋は小さく控えめ

そこのところを行くと、大戸屋の冷や奴は自分の身の丈をわきまえた控えめタイプと言えるかもしれない。
「オレッチこんなに寄られたの初めてです…」
「オレッチこんなに寄られたの初めてです…」
冷や奴はどこにいるでしょうゲーム
冷や奴はどこにいるでしょうゲーム
定食とは別に冷や奴を注文したのだが、この収まりっぷりはどうだ。お盆の中で全然目立たない。

しかし、食べてみたら他の店の冷や奴より2℃くらい冷たくて(僕は口の中で食べ物の温度が大体分かる→こちら)、驚いた。なるほど、一見控えめに見せておいてこういう角度からの演出もあるのか。
ひさしぶりに身につけた能力が役に立って嬉しいです
ひさしぶりに身につけた能力が役に立って嬉しいです
「豆腐一丁だー!!」明らかに悪のりのテンション
「豆腐一丁だー!!」明らかに悪のりのテンション

箱根そば

こんな風に調べて行くと、すごく変なメニューに行き当たることもある。

箱根そばの夏限定メニューがそれだ。冷やしそばの上に豆腐一丁が丸ごとのっていた。

これもある意味冷や奴なんじゃないのか。冷や奴がそばを薬味として取り込んだ形と考えたい。

冗談みたいなルックス
冗談みたいなルックス
これ、とにかく豆腐がでかすぎる。感想はそれだけだ。「そばと豆腐が合うかどうか」というところは小さな問題だと思う。出先でこんなに気軽に豆腐一丁食べれるところ、そうはない。
こういう奇妙な欲求に対するソリューションが箱根そばには用意されている
こういう奇妙な欲求に対するソリューションが箱根そばには用意されている
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓