特集 2011年7月11日

素手で虫捕りまくり

バッタ捕りは至高のレジャー

そういうわけで楽しい素手虫捕りなんだけど、中でも特にお勧めの虫がいる。それはバッタだ。
理由は単純で、(1)見つけやすい、(2)適度につかまえにくい、の2点。

草むらに適当に踏み込むと、何匹ものバッタがピョーンと飛び出してくる。その中から捕まえたいのを1匹選んで、あとはバッタとのすばやさ競争だ。
1歩につき3匹くらい飛び出す
1歩につき3匹くらい飛び出す
そのまま飛びかかかったり、また見失ったり
そのまま飛びかかかったり、また見失ったり
勝負のとき。この腰つきが大事だ
勝負のとき。この腰つきが大事だ
捕まえた!
捕まえた!
コンニチハ
コンニチハ
これは反則です
これは反則です
見失っても草をバサバサやればまたすぐ飛び出てくるし、いなくなっても代わりの獲物は無数にいる。
一番悔しいのは、「捕まえたかな…?」と思って覗くために開いた手から逃げられたとき。キーッ!ってなってさらにヒートアップする。楽しすぎてやめ時がわからなくなる。
種類もたくさんいて面白い。これはツユムシ
種類もたくさんいて面白い。これはツユムシ
こっちはツチイナゴ。
こっちはツチイナゴ。
おなじみショウリョウバッタ。漢字で書くと妙にかっこよくて、精霊蝗虫。
おなじみショウリョウバッタ。漢字で書くと妙にかっこよくて、精霊蝗虫。
カマキリの幼虫もいた。教室で誰かが持ってきた卵が孵化、これが大量発生してパニックになるのは田舎の小学校では定番
カマキリの幼虫もいた。教室で誰かが持ってきた卵が孵化、これが大量発生してパニックになるのは田舎の小学校では定番
みんな夢中
みんな夢中
運動不足の体にも心地よい運動量。虫捕りの面白さって宝探しの面白さだと思うんだけど、バッタ捕りだけはスポーツ感覚。ボウリングとかダーツみたいな、気軽に体動かせる系の競技だ。街中にボウリング場とかダーツバーがある感じで、バッタ捕り場があればいいと思う。会社帰りに「軽くバッタ流して帰ろう」、みたいなの。これは流行る!

さいごはリリース

一日中歩き回って、16種類もの虫を捕まえた。そろそろ日も傾いてきたので、彼らには元の世界に戻ってもらおう。
顔写真を撮ったので、最後に卒業文集を製作してこのクラスのみんなとはお別れにしたい。
test オジロアシナガゾウムシ
test コクワガタ(オス)
test オオイシアブ
test ショウリョウバッタ
test ナナフシ
test カナブン
test カマキリ
test ツチイナゴ
test コフキゾウムシ
test ミヤマカミキリ

素手でも大漁でした

ほんとはもっと捕ったんだけど、途中で喧嘩してたので逃がしてやったり、写真撮る前に飛んでいってしまったりで、上に載せたのはだいたい2/3くらい。思った以上の大漁だ。

そして虫捕りは十分素手(というか手袋)で楽しめることがわかった。(実は平坂さんもふだんから網はそんなに使わないらしい)。

今年の夏は軍手を買って森に行こう。
余談。森のすぐ脇にある畑に、マネキンの首が掲げてあって怖かった
余談。森のすぐ脇にある畑に、マネキンの首が掲げてあって怖かった
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓