デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ



 
今週のアトラクション

6月13日〜6月26日のお題

 うちの近所のコンビニで売ってるへんなもの&ハーゲンダッツ率

(出題:林 雄司)


第5回中間発表 2006年6月20日更新

いやっほう。風邪ひいてますか! そういえば僕はこの半年ぐらい全然ひいてません。けっこう元気じゃん。 きょうは自分ちローカルのメニューが登場しますぜ。

断食
seiryu さん
風邪をひくと発熱ではなくお腹を直撃だったため、1日断食させられました。


僕もノロウイルスにやられたときに2日間断食でしたよ。そのわりにはやせなかったのが不思議。

のり段々
ゆっちまる。 さん
小学生の頃、熱が出て給食をとらずに早退した日の昼飯は、いつものり段々だった。 (解説:朝の残りの御飯の中段に、2cm四方程度にちぎった海苔をお醤油にひたしたものをはさみ、上部にものせて、段々状にしたもの。)

これが激うまで、熱があるくせにモリモリ喰い、食べると熱も下がっていた。 そのころは病弱で、そんなことが何度もあり、
母は、あんた何なの、って、あれは6歳少女に対するマジつっこみだったと思う。今。


のり段々! いかにも自分ちしか通じないネーミングが心に響きます。しかもうまそう。ここにスライスチーズを細かく切ったものを入れてもいいですよね。ストレート トウ メタボリック!

『あまくりこ』(片栗粉をぬるま湯で溶いて砂糖を入れたもの)
卯月 さん
私が小さい頃風邪を引くと祖母が作ってくれました。
作り方は至って簡単で、おわんの中に適量の片栗粉と砂糖大さじ1杯を入れ、ぬるま湯を少しづつ入れながら溶いていきとろみがついたら出来上がり。 ビジュアル的にはでんぷん糊みたいな物体だったと記憶しています。
正式名称は判りませんが、私と弟はこれを『あまくりこ』と呼んでいました。


あまくりこ! これまたオンリー自分ちだけネーミング。葛湯、じゃあないんですよね。片栗粉だから。

プロセスチーズ
モトムラ さん
風邪に限らず、頭痛・下り腹・二日酔い・自家中毒等具合が悪いときはプロセスチーズと水だけで生きています。
記憶にある限り保育園の年中さんからそんな感じです。


僕も小学生のころ、スイミングスクールの帰りに持参したプロセスチーズを食べてました(自販機のハンバーガーが買えなかったので)。

タカキベーカリーの「ピープ」というカステラ(?)
LunaWorks さん
広島ではメジャーなパン屋さんです<タカキベーカリー

ごはんを食べたくないときでも、これなら食べられたので、
それをいいことにいつもこれをリクエストしてました。 そのせいか、大人になっても風邪ひいて「食べたくないな〜」と思うと、 どうしてもカステラ系が欲しくなります。

昔の「ピープ」はフォントのせいで「ピーコ」だと思ってる人がいました。


検索するとピープに触れている個人ブログがたくさん出てきました。きっと広島出身のかたはここをよみながらそうそう!って言ってるんだと思います。むかしのデザインは「ピーコ」みたいだった。そういうディテールって大事ですよね。わかんないけどさ。

2006年6月20日18時で投稿は受付終了です。ラストスパートでへんてこな投稿お待ちしております。ノーベル医学賞なみの投稿でもぜんぜんOKですので研究者の皆さんも遠慮なく投稿してください。

過去のお題いちらん

 

 


▲トップに戻る 


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation