デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集

日付 メガネくんバックナンバー

ロード・オブ・ザ・ライブ中継


●第1章「ロード・オブ・ザ・粘土」


さぁでは
ロード・オブ・ザ・リングを実際にやっちゃうために、
まずはいま流行りの
アートクレイシルバーで
指輪作りにチャレンジしましょう!


このアートクレイシルバー、
ただいまOLや女性を中心に(あ、女だらけ)
大流行しているようです。

いかんいかん僕も
流行大好き人間として
一刻も早く流されなければ。

というわけで
粘土のくせに、焼いてみると
なんとキラキラの純銀になるというこの素材
「アートクレイシルバー」。




これって、
・純銀の微粉末
・水
・バインダー(結合材)の
3種類からできている粘土のようで、
好きな形にした後、高温で焼くと
粘土に含まれる水や結合材が焼失して
純銀だけが見事に残る、
っていうからくりで
うまいことやっているようです。

こんなイケメン粘土ゆえに
このアートクレイシルバーの売りは、

“イメージ通りのアクセサリーが見つからない、
オリジナリティのある素敵な贈り物がしたい。など
そんな個性派の貴方にアートクレイシルバーはピッタリ!”

とのこと。

僕の場合
くしくもこれらのケースには全く当てはまらない
有事ではありますが、
まぁきっと使ってもいいのでしょう。


では袋から出して
実際にまじまじと
よく見て見ましょう。







まだ包装されているこの状態では
納豆に付随してるカラシのようです。


しかしこの銀粘土、
10gで1500円しました。
結構な値段です。
もし100gだとしたら15000円です。

すなわちこの銀粘土は
普段僕が買ってる豚バラ(100g/100円)の
150倍の価値
があるというわけです。
にんともかんともいろいろ思うところがあります。


しかしこんなたかが粘土風情が
ホントにちゃんとした指輪に
なってくれるのでしょうか。

でもたとえ苦労していい指輪を作り上げても
できた瞬間
すぐ捨てに行かなければならない過酷な運命ではありますが、
それもロード・オブ・ザ・リングのためには
やむをえません。

よしではさっそく
指輪作り
スタートです!!


(今回ばかりは、
いつものライブ中継のように「ブランチ」に心奪われたりせず前回前々回
指輪作りに打ち込みたいと思います!)


ではまた後ほど!





▽週刊少年ヨシダトップへ



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.