デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


フェティッシュの火曜日
 

微妙な仲の人とみかん狩り

ばーん
旅に出たいですね。

旅の醍醐味は移動だと思う。流れるパノラマ、心地よい振動、好きな音楽を聴きながら。ずっと乗り物に乗っていたい。どこにも行かない乗り物があればいいのにと思うこともしばしばです。

都バス最長路線の存在を最近知った。やたらと長いらしい。30キロあるそうだ。行き先は青梅。

乗ろう、青梅に何の用もないけれど。ただずっと乗っていたい。(林 雄司


日曜日だし、すいてるな。
1日乗車券でやる気まんまん
最初の見所はガスタンクですね。

都バス最長路線 梅70系

西武柳沢駅前から青梅車庫まで走る都バス梅70系は都バスの最長路線である。31.8キロ、走行時間は約1時間45分だ。

ふだんは寝ている日曜日の午前中に西武柳沢駅に到着。駅前に最長路線のバスが何気なく止まっている。行き先表示が黒地に白。23区内ではあまり見ない組み合わせである。こういうディテールの違いの積み重ねが旅気分を盛り上げる。新宿駅から20分ほどの駅だが僕はすっかり旅気分だ。うっかりポッキーを買ってしまいそうになる。

1日乗車券を購入。このバスで往復するのならば1日乗車券を買ったほうが得なのだ。昨日調べておいた。こういう準備周到さがちょっと恥ずかしい。

1日乗車券の代金を代金箱に入れようとしたら運転手に止められた。

「1日乗車券のお金は違うんですよ」

経理上、費目が違うのだろうか。

10時40分、バスは西武柳沢駅を出発した。乗客は3人ほど。小さいけど長い旅の始まりです。

バスはひたすら青梅街道を走る
じゃーん、青梅街道!

どうですか

バスはみなひとり客なのでしゃべる人もおらず、エンジン音とアナウンスだけが車内に響いている。

「このバスは、昭和病院経由、新小平駅前経由、東大和市経由………、青梅車庫行きです」

なんとか経由が3回ぐらい続く。やっぱりこの路線は長いぜ。興奮気味な僕だが、バスは至って普通だ。

なんだかおばあちゃんちに行くみたいな気分になる。知らない町のバス停に止まり、パラパラと人が乗っては降りてゆく。

ブルルルル……… ピーッ

「つぎ、とまります」(アナウンス)

こんな繰りかえしだ。

青梅街道らしい景色が流れる!
ラーメン屋さんの駐車場が広い!
もしかしてこの特集、地味?


あれー?

僕としては武蔵野の旅を満喫しているのだが、僕の筆の力ではこの楽しさを伝えることができないのではないか。そんな気がしてきた。

まだ出発して20分。先は、ながい。

 


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.