デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


チャレンジの日曜日
 
境界線上で物思いにふける

境界線スポット その4 〜板橋駅編〜

すごく分かりづらいんですが、なんと三区にまたがる駅なんです。
さ区。

3つの区がちょうど板橋駅で交差する!
ついに3区が交わる地点を発見!
立てかけられた看板には両方の区の名前が!
こうやって2つの区がある看板あまり見ないですよね。
親切に話を聞いてくれた交番
駅近くの境界線が通る団地の案内板にはちゃんと境界線が引いてありました。

三区がまたがる駅にて。

続いて板橋駅。
ここはなんと三区がまたがる駅です。もうこうなってくると何がなんだかわからない危うい空間になってきています。うーん、これは、物思いにふけれない。むしろエキサイティングしてきました。どうやら物思いにふけれるのは一本の線の時だけのようです。

ところでこの駅で落し物した場合、どの警察署に届けられるんでしょうか? 気になったので、駅員さんに聞いてみる事にしました。

梅「すみません、つかぬ事をお聞きするんですが」
駅「はい、なんですか?」
梅「この駅で落し物した場合どこに届けられるんですか?」
駅「何を落とされましたか?」
梅「あ、いや何も落としてないんですが、あ、あのここってなんだか3つの区が入り組んでるじゃないですか」
駅「…なんだかよく分からないですけど落し物はみんなJRの落し物センターに行きますよ」

あ、そうか。そうだよな。何区であろうと関係ないんだった。じゃあやっぱり駅の中で何か犯罪が起こった場合どうなるのかを聞かなきゃいけない。

駅「そういう事は警察に聞いてください。僕は分かりません」

そりゃそうですね。というわけで駅すぐそばの北区側の交番で聞いてみた。面倒くさそうだったが、いちおうはちゃんと聞いてくれました。交番の人によると板橋駅は便宜上板橋警察の管轄という事になっているらしい。ただ、このあたりで何か事件があったらすぐ駆けつけますよ。なんせうちが駅に一番近いんだから。といってくれました。頼もしい。境目だから捜査の隙間で警備が手薄になるかと思いきや逆に考えれば事件が起これば3つの警察署が総力をあげて取り組んでくれる心強い場所なのかもしれません。

板橋駅、地図ではただ3つの線が交差しているだけの事ですが、実際に行ってみるとやっぱりいろんな事がわかったような気になりました。

というわけで板橋駅は物思いというよりむしろエキサイティングな街でした。


エキサイトさん、ご協力ありがとうございました。

境目は僕たちを魅了し、時には驚かせ、そして時には物思いにふけらせます。はるか昔にこの場所にどこかの誰かが線をひいたのだ。そしてそれは見えないけど確実にあるのだ。と思うとなんともいえない不思議な気持ちになっていきます。境目はあなたの家の近所にもあるので見えないけど存在する線を見てみてください。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.