デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ひらめきの月曜日
 
雰囲気のあるパン屋さんめぐり

海外仕込みのパンを売るおしゃれなパン屋のなかでは、今、対面販売式の店が人気だそうだ。パンにもコミュニケーションを、ということらしい。トレイ片手にトングで品定めというパン屋はもう古いのかもしれない。

ん?でも街にある昔ながらのパン屋にもショウケースを挟んだ対面販売のお店、多いんじゃない?

今回は期せずして流行最前線となった雰囲気満点の懐かし系パン屋さんを巡ってきました。くらえ!お総菜パン各種!

(text by 古賀 及子





OLさんもこぞってアムール

素早く決めないと次から次へとお客が

これぞ、ザ対面販売パン

最初にやって来たのは神保町「アムール エー パン」。オフィス街の真ん中で日々ばしばし昔ながらのお総菜パンを放出する店として有名だ。

なにしろ アムールである。情事である。甘いパンからお総菜パン、サンドイッチまでずらっと並んだショウケース。たしかに情事ということばが似合う官能的な眺め。

この、みちみちとパンがケースにつまった感じに普通のパン屋とは違うワクワクがある。まさにこれぞ求めた理想の対面販売パン。

気持的には隅から隅まで全部くれたまえという勢いなのですが、今日はこれからこのアムールエーパンさんに負けない雰囲気のあるパン屋を巡り倒す計画。

大人のこころでお薦めだというひじきパンとハワイアンを買った。あ、あと牛乳も。やば、十分お腹一杯になる量だや。

アムール エー パン
 東京都千代田区神田錦町3-16
 03-3291-8256

「アムールエーパン」のしょっぱいパンと甘いパン
しょっぱ
ひじきパン。直でひじきの煮つけがパン内に(マウスオンで断面図出ます)。パンと和の総菜との融合はふんいきパン屋ならでは
あま
ひじきの健康志向の反動でこちらはいかにもヤングなセレクト、揚げパンにクリームと缶詰のミカンとパインが挟まってる「ハワイアン」。不思議と甘くなくてペロっと食べられた。うまーい、うまーい!!

一見普通のパン屋のようですが

ショウケースにならんだパンは懐かしの雰囲気むんむん

どこかおしゃれな感じ、木村屋

続いては本郷三丁目駅から5分ほどの商店街にある「手作りのパン木村屋」。トレイ+トング形式にしても問題なさそうな広さのある店なのだが、入って右側にどっしりショウケースが。

お昼を少し過ぎたころだったのでちょっと種類が少ないということだったが、パンは十分にフェロモン出しまくり。

「こうゆうショウケースにパンを並べるパン屋さんって今もう珍しいですよねえ」
お店の方に振ってみた。すると、
「?」
という反応。自分としてはそんなに珍しいつもりはない様子。昭和3年創業だというから、そのまんま、そのまんま、今まで来てるのかもしれない。いいですねえ。

年期の入ってベコベコになったアルミのトレイの上に並んでいるにも関わらず、パン一つ一つが優しくておしゃれな感じでした。

手造りのパン 木村屋
 東京都文京区本郷2-31-1
 03-3811-7537

こっちは総菜パン。サニーレタスのフリルにオシャレ感じも漂ったりして
かわいい袋に入れるとグルングルン袋を回転させて包装
「手造りのパン 木村屋」のしょっぱいパンと甘いパン
しょっぱ
ヘルシーサンド。豆腐バーガーが挟まってます。やみくもな迫力ばかりが総菜パンではない証明。しょっぱすぎ無くて上品な味
あま
きな粉揚げパン、ピーナッツペーストサンド。がっちり揚げで忠実に給食パンが再現されております。うまー


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.