デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ロマンの木曜日
 
川柳100本ノック! イン・大島

川柳を詠みながら観光地を巡ったら、きっと楽しいはずだ。
という訳で、大島に行って来た。大島は東京から約120kmの大平洋上に浮かぶ島。首都圏から一番近いリゾートアイランドだ。伊豆諸島の中で最も大きい島でもあるが、その全周は約50km、車を使うと2時間程度で一周出来る。
そんな大島を車で一周しつつ、ポイント毎で川柳を詠んでいきたいと思う。目標100本。

何で川柳? 何で大島?

最後まで 読んだら謎が 解けるかも

(text by 住正徳



プロペラ機で大島へ

羽田空港から大島空港までの所要時間はたったの30分。本当に近い。

搭乗口からバスに乗り空港の端の方へ連れて行かれると、大島行きの飛行機が停まっていた。


大島行きの飛行機

随分小さいし、ハネにプロペラがついている。
ジェット機じゃないのか?
今回の取材に同行してくれた林さんとプロペラ機を見つめる。5段しかない搭乗タラップに、2人とも不安を隠しきれない。


1. ちょっと待て あのプロペラで 行くのかい?(す)
2. 滑走路 走る揺れ方 バスのよう(は)

※唐突ですが、ここから川柳100本ノックが始まっています。僕と林さんで100本を目指します。(す)=住、(は)=林。


プロペラ機の客席は全部で56席だった。揺れ方もそうだが、機内の様子もバスっぽい。


3. 飛行機は 揺れやしないか 大丈夫か?(す)


4. 大丈夫よ きっと私が 守ります(す)
5. いやそれは 落ちるの前提? 困ります(す)

6. 離陸時に デジカメ怒られ 住&林(すみはやし)(は)
7. そういえば アテンダントは サトエリ似(は)

離陸から水平飛行まであっという間だった。携帯電話が繋がりそうなくらい低い所を飛んでいる。地面が近い分、かえって高さを意識させられて恐い。
それでも水平飛行の時間はたったの10分で、飛行機はすぐに着陸体制となった。
飛行機の窓から大島が見える。


8. ヘッドホン 機内雑誌も ありません(は)
9. 歩いてる 人が見える 高さ飛ぶ(は)
10. 意外にも 揺れなかったよ プロペラ機(す)

30分飛んだだけなのに、景色がガラリと変わり緑がうっそうとしげっている。さっきまで羽田空港にいたとは思えない。


11. はみ出てる 緑が道路に こんもりと(は)

レンタカーは事前に予約しておいた。
「空港までお迎えに行きますので」
と言われていたので、車が来るのを待つことにした。

12.レンタカー 来るまでここで 待ちましょう(す)
13.自販機の 姿も見えない 空港前(は) 

数分後、「住様」というボードを持ったおじさんが現れた。


レンタカーのおじさん

14.肌着だな 下着というより 肌着だな(す)

肌着姿のおじさんから何となく保険の説明をされ、何となくキーを渡された。

「返却はどうしたらいいでしょうか?」
「ああ、ホテルに置いといてください」

15.すみません 僕のホテルは 知ってます?(す)

「いや、知りません」

このおじさんは本当にレンタカー屋なのだろうか?
とりあえず泊まるホテルの名前を告げて、レンタカーに乗り込んだ。

空港から時計周りに大島を一周する。


大島一周、スタート

16.いよいよだ 大島一周 はじまるよ(す)


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.