デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
名古屋コネタ対決・前編
「『ブラジャー丼』って何だ」より

「ねた〜、なんかおもしろいものはないか〜。」

1日歩き回ったらいくつのコネタを探すことができるんだろう?

炎天下の名古屋を舞台にデイリーポータルZとエキサイトbit が競いました。ゲットしたコネタは今日からお互いのコネタのコーナーで毎日1本ずつ紹介しているのでぜひ見てください。

そして今日と明日の特集はそのコネタハンティングのようすと、あまりにもコネタ感あふれるコネタをどかっと紹介しちゃいます。これを読めばあなたもコネタ目線になること間違いなしです。

(text by 古賀 及子

>> エキサイト bit の特別ページはこちら


林:BBフェスタで名古屋に行くついでになんか企画ができないかと思ってまして、コネタ対決になりました。
古賀:デイリーポータルは常に「ついで」ですからね
林:交通費が出ませんから。
古賀:エキサイトチームにはわざわざ来ていただいたわけですが
林:偉そうに呼び出しました。
古賀:で、こちらが集合時の写真です。

ナナちゃん前に集合

古賀:左がエキサイトチームのお二人、右がデイリーポータルチーム、住さんと古賀です。あれ?林さんは?
林:来いと言っておいて、張本人がいない。実はホテルで原稿書いてました。
林:中学生のころ、そういう友達いましたね。
古賀:「いくぜー!」って盛り上げて自分が来ないというやつ
林:みんなで図書館で勉強しようぜ!って言って喫茶コーナーでずっとセブンアップ飲んでる。
古賀:で、代打で前半は住さんに撮影担当で来ていただいて
林:住さんにはいつも迷惑をかけております。で、僕がいなかった午前中にゲットしたコネタをおしえてくれたまえ(Webマスター)。
古賀:くそー! 負けるか。くらえ、最初のネタはこれだ!



名古屋コネタ1
 


フロントは10F

パルコといえば、服だの靴だの鞄だの、ファッション周りに強いデパート。名古屋ではそんなパルコに泊まれるんである。10Fから11Fが「クレストン」というホテルになっているのだ。

シティーホテルの最上階のバーとかで男の人が鍵をジャラジャラやりながら
「部屋、とってあるから」
とか言って女を誘うというシーンの型がありますが、あれがパルコのレストラン街でできるわけです。

なお、レストラン街には名古屋名物あんかけスパが食べられる「チャオ」もあります。


1Fのエレベータにはベルボーイが
 



林:最初からすっごいコネタですね。しかも自分が泊まったホテルだ。
古賀:えへへ
林:それより古賀さんがチェックアウトという概念を知らずに鍵を持ったまま夕方まで出歩いていたのがすごい。
古賀:えへへ
林:ホテルから携帯に電話が。
古賀:鍵、返して下さいって電話させてしまいました
林:君がいちばんのコネタだ
古賀:いきなりオチちゃってるみたいになってますが
林:いや、僕からのカウンターを出します。最初だからでかいネタを。



名古屋コネタ2
 


名古屋のみそ汁といえば赤だし。関東のスーパーでは赤だしみそは一種類しか置いてない店が多いが、果たして名古屋ではどうなんだろう。(林 雄司)


まずこれを見ていただきたい。名古屋・栄のダイエーのみそ売り場である。33種類のみそのうち16種類が赤だし。50%ちかい赤だし率だ。(赤で囲った部分が赤だし)

名古屋 赤だし率 48%

これは新小岩の西友のみそ売り場。35種類中、赤だしは2種類だった。赤だし率は6%。

新小岩 赤だし率 6%

赤だしが何種類もあること自体知らなかった。赤だし好きの僕としては約束の地ともいうべき興奮を感じました!

興奮のままレポートを終わります。

 



古賀:「でかいネタ」って、パルコに負けず劣らずコネタですよ
林:家の近所の西友で追加取材しちゃいました。名古屋のスーパーでは興奮しましたよ。赤だしだらけで。
古賀:買ってましたよね
林:棚買いしたかった。「こっからここまで」って。
古賀:「ぜんぶくれたまえ」って。
林:しかし帰りに冷静になると、なんで味噌もって新幹線に乗ってるんだろう?と
古賀:小岩でも6%ながら売ってるには売ってますからね
林:いいこと言うね。その通りだ!意味ねえ。
古賀:それに比べると私が棚買いしたかった物件は名古屋ならではっすよ。「『しるこサンド』って何事だ」です。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.