デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


ちしきの金曜日
 
重なれ!いろんな仲間たち
写真
ズッギューーーーン!

 人類最大の発明とは何か?その疑問に対する答えは人によってさまざまだろうが、「重ねる」というシステムはいつも上位に食い込んでくる。

 いや、いきなり言い過ぎた。そんな意見は聞いたことがない。

 個人的にな意見に箔をつけるため無茶なことを書いてしまったが、実はその偉大さというのは相当にすごいものがあると思う。

 ピラミッドの昔から、ワールドワイドに、そして時代をも超えて、人々は重なってることに興奮してきた。今回は重なるという現象について考察してみたい。

(text by 法師丸



写真
丸いのがこんなに!

◆重なりの聖地・資材置場

 普段の生活の中でも重なっているものは数多く見かけるが、日常生活の場で目にするものはやはり迫力不足は否めない。そんなとき行ってみるといいのが、建築材などが置かれている資材置場だ。しっかり目を凝らして、大きなものが積み重なっている勢いを堪能したい。


写真
勢いだけにはまかせない冷静沈着さ

●みっしりとした確かさ

 コンテナのようなものが重なっている例。写真ではスケールがわかりにくいが、ひとつひとつがすでに大きいので、重なっている全体像としてはかなりの迫力。
 最上段にはもう自分自身では手の届くわけもない果てしなさ。重なってるコンテナを前にちっぽけな自分。整然としている重ねっぷりにも、ただ漠然と重ねたわけではない着実さと冷静さがうかがえる。

写真
カラーリングもポップな物件。赤・黄ときて、もう一色が茶色という事例。ぎゅっと詰まった密度の濃さにも注目したい物件。
写真
運動会の組体操でやらされた「ピラミッド」を思い出させる資材。幾何学性な美しさより、ここは最下段のブロックに思いを馳せたい。
写真
縦・横を互い違いに置くことで安定性を図った重ね方。勢いで縦横無尽と書きそうになったが、別に無尽というわけではない。
写真
似たような重ね方だが、段ごとに角材を置いて安定を図っている例。ただパイプだけ重ねたのではこうはいくまいという知恵がある。
●見る者をどうかさせる重なりっぷり

 不ぞろいな木製の資材だが、それゆえにただ整然としているだけではない美しさがある例。一見ラフであるが、相当の腕前がないとこんな風には重ねられないだろう。
 美しいというよりは、もうかっこいいと言ったほうが適切かもしれない。個人的にはこれを見ているうちに、なぜだかガンダムが思い出されてきた。かっこよさがというくくりが勢いあまって変に拡大されている。

写真
個人的にはガンダムと通じるかっこよさ

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.