デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ

特集


はっけんの水曜日
 
いちごサンドイッチしらべ

1ケ月くらい前のことだろうか。
遠出するのに東京駅で人と待ち合わせした時(確かこの勝浦への取材のときだった)、朝早かったのでまだゴハンを食べていなかった。
総武線ホーム近くの小さな売店には、サンドイッチが並んでいた。ハムサンド、たまごサンド、カツサンドなんかに並んで……ピンク色のパンを見つけた。
ピンク色のパンには、赤いいちごと、白い生クリームがはさまっていた。
「うっ」
見た瞬間、クラっときた。
一緒にいた友人も、同じようにクラっときたようで、思わず顔を見合わせた。
「……いちごですね」
「……いちごですよ」
「そんな季節になったんですねえ」
「食べます?」
「食べます食べます、半分こしましょ!」
いちごサンドイッチ……春しか売っていない、魅惑の食べもの。
お惣菜パンとペットボトルのお茶も一緒に買って、電車に乗り込む。
発車したとたん、まずはいちご、いちごサンドを食うのだ! と、サンドイッチを包んである、ビニールを慎重にはがした。

パクリ。
はむはむ………ん?

「これ、断面の部分しか、いちごがはいってない……」
「どれどれ……あ、ほんとだ」
「たまたま、このサンドイッチがハズレだったのかも……」
「いや、どこも、こういうものなんじゃ、ないですかね……」
「……」
「……」

私は、いちごサンドイッチを調べることにした。


(text by 大塚幸代





いちごは1個半ぶんはいっていました。
問題のサンドイッチ

これが東京駅で売っているサンドイッチ。「キラ・ラ」という店のものだ。新宿駅の地下でも同じものを発見したので、山手線圏内のあちこちの駅で、売っているのかもしれない。

斜め切りしたものが2コ入った、サンドイッチお馴染みのパックで、値段は280円。カツのはさまったサンドイッチと同じくらいの値段だ。どうも高く感じる。

しかし、なんといってもパンがピンクなところが魅力的だ。
パンだけ食べてみると、いちご味がする(ような気がする)。よく見ると、いちごのツブらしきものがパン生地に入っていた。本物の果汁を使っているんだろうか?

いちごは縦半分に切ったものが3つぶ。やはりカドの部分には、いちごは入っていなかった。クリームも少なめで、かるーく食べられた。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.