デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


フェティッシュの日曜日
 
人からおかずをもらってお弁当を作る
ちょっとしたヨネスケ

「ホームページを作っているものなんですが…」

サーターアンダギーとハムいただきました。

む!素敵なお弁当のグループをみつけたら

さっそく交渉。

「おいしそうな牛しゃぶですね!」「豚です」「………ですよねぇ。」

なんだこの順調さは。もっと苦労すると思って覚悟してきたのに。

Zくんをかぶって大胆な人間になれたのかもしれない。キムタクのいう「開いている」人間だ。

なんか世界は優しさに満ちているよ。世界に一つだけの花だね。調子にのってまだまだ続きます。

男3人の花見グループだが

おいなりさんを手作りしていた。意外にマメだった。しかも美味。

だんだん大胆になっておかずをリクエストするようになる。「あれください」。

別のグループからは築地の松露という有名店の卵焼きをいただく。

仲間のふりして一緒に写真をとる。熊本の高校時代の同級生グループだそうです。青春です。

みんな楽しんでるのでノリノリです。

ごはんものがほしいなぁ。あ、あそこいいかも。

おこられた…。(でもこの1件だけ)

ポテトチップ袋ごともらったぜ。

気づけば重箱はもういっぱい。


おかずをもらいながら聞いてみると、会社の同期、大学の同期、仕事から始まった古いつきあいなど、久しぶりの再会というグループが多かった。

いま職場が一緒だとかではなく、ほんとに好きな人が集まっているのだ。だからみんな優しいのかもしれない。

日本人ってこんなにラテン系だったっけ?と思うぐらいのノリのよさだ。

そして1時間で重箱もいっぱいだ。しかし重箱は2段重ねなのだ。

次はおかずにバリエーションをつけるために青山墓地に移動します。

フランス料理のおかずとか食べてないだろうか。青山=おしゃれ=フランス料理、という発想をやめた方がいいと思いながらも重箱を持って青山へ。

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.