デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
拡大された世界

日常を拡大する

最近のコンビニのコピー機はすごい。コンパクトな上に、フルカラーコピーまでできる。しかも拡大は最大400%。400%って相当でかいぞ。

誰が何をそんなに拡大しにコンビニに来てるんだろう。もしかして誰も使ってないんじゃないか、その機能。もったいない。今日は私がぞんぶんに使ってくれる。

存分に力を発揮してくれ

拡大する物は、コピー機のあのパタパタの部分に挟める物でなくてはいけない。まずは紙だろう。文庫本をひらいて400%拡大してみた。



巨大文庫本


見慣れた文庫がひとまわりもふたまわりも大きくなった! おお。早速非日常感が。

これ実際手にすると何故か怖い。本に体をはさまれそうな気がするのだ。多分、深夜やってるようなホラー映画で幼虫とかトマトとか家電とかが大きくなって人類を襲うような、あれを思い出してるんだと思う。

まさか拡大に恐怖がひそんでいたとは。B級だけど。

電池がでかいのか?手が小さいのか?

上は単4電池。コピーして切り抜いてみた。今度は体が小さくなった気分だ。単四が手におさまらない。計算してみたら、この感覚はだいたい身長40cmぐらいの感覚だ。赤ちゃんか。

片づけられない ふたがしまらない

拡大した状態で、あるべき場所に戻そうとすると違和感が増長することも分かった。ケースに収まらないビデオやCD。気持ち悪い。悪い夢みたいだ。ビデオデッキに入れることだってできない。見れない。何のためのビデオだ。いや、何のための拡大だ。

街で見た広告みたいにスパーンと馬鹿でかくなったものは見慣れているものの、地に足のついた微妙な拡大には感覚が慣れていないのか、いちいちびっくりする。


見やすくなった

地図も拡大してみた。左がもとの地図。右が400%拡大したもの。そんなに変な感じはしない。単純に見やすくなっていい感じ。拡大したものをさらに400%拡大、また400%拡大したらどうだろう。……。はっ! そのうち実寸になるぞ!

拡大するものによって、それぞれ違和感の感じ方が微妙に違う。が、さらに拡大を続けると、色々だった感じ方がある一つの感想にに収束されることが分かってきた。


さらに色々拡大

 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.