デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


エキサイティング火曜日
 
マリモを飼う

「焼けてますよー」
「飲みすぎないでくださいー」
「焼酎梅割りってぼくに似てますねー」

2日目・マリモをつれて食事に

今やいろんなおしゃれスポットでは、ペット同伴OKの看板を掲げているカフェやレストランが当たり前になっている。

今やマリモは私のペットなので、連れて行くことにしよう。ビン入りで寡黙な奴なので、どこに行っても断られることはないだろう。

ちなみにマリモに名前はまだない。

ちょうど知人と食事の予定があったので連れて行った。焼肉だ。

肉が焼きあがるのをじっと待つマリモ。でも食べない。ビンの内側から焼き網をどんな気持ちで見ているのか。

ちょっとおすそわけしてやりたい気もするが、水がにごるし、まずくなってしまうのでやめよう。

 

3日目・マリモをつれてバーに

最近よくいくバーへ、マリモを連れて行ってしまいました。

カウンターしかないそこは珍しく混んでいて、席をつめてもらってやっと座った。隣の人と肩がすれあうような状態でマリモを取り出す。

インテリアをいつも持参してくる人、に見えたのだろうか。みんな特に何もコメントはなかった。

普通は「いやされたい」「なごみたい」と思ったら、そういうスポットにいくか、家で音楽を聴いたり、ということになるだろうか。

これはもしかして新しい試みになるか。「いつもポケットにペット」だ。肩にいつも小鳥を乗っけている人のように。ナウシカのように。

 


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.