デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ロマンの木曜日
 
裏を読む
居酒屋で1人飲みする人物

写真1:大生3連チャン
写真2:とりあえず熱燗
シーザーサラダ 380円
見えた!
1人飲みの客は少なくない

居酒屋のレシートの中から、1人で飲んだとみられるものが2枚出て来た。

いずれのレシートにも「有機の前菜」があるが、これはお通し。それ以外がオーダーしたものになるが、写真1のレシートはお通し以外「大生(生ビール大ジョッキ)」しか頼んでいない。
レシート発行時刻は22時37分。どこかで食事は済ませて来たのだろう、大生を立て続けに3杯流し込み颯爽と帰っている。
前述のファンタ青リンゴの少年が大人になると、こういう事になるのか?

この大生3連チャンと対照的なのが写真2のレシート。来るなり燗酒を飲んでいる。
「とりあえずビール」ではなく、「とりあえず熱燗」だ。
食べ物はシーザーサラダのみで、締めにウーロン割を1杯。更に特筆すべきは、レシートの発行時刻が18時55分という点だ。みんながそろそろ飲み始めようか、という時間に熱燗とウーロン割りを飲んで店を出ている。
一体どんな人物なのか?

この人物像に迫る為、僕も和民に出向き同じ様にオーダーしてみる事に。
席につくと、燗酒とお通しの有機の前菜(小鉢に入ったポテトサラダ)がすぐにテーブルに並ぶ。空きっ腹に燗酒を流し込み、ポテトサラダをつまむ。
胃から体全体に日本酒が浸透していく様で、早くも酔いそうになっているとシーザーサラダがやって来た。
予想以上に大皿で、2、3人分はある。全部食べ切れば、確かに他のつまみは入らない。安価で酔えて満腹になれて、更にヘルシーで低カロリー。
これは1人飲みに慣れた人物の洗練されたオーダーに違いない。

これらの要素を総合すると、この人物は……
・お水のお姉さんで
・同伴がない日は和民で景気づけ
・最近、お肌が荒れているので野菜を取る様にしている
・19時30分にはお店に入らなきゃ。遅刻の罰金だけは勘弁。
という事になる。

人物像がクッキリと見えた所で、和民を後にした。

カウンターには1人飲みのお客が2人いて、1人は難しい顔で文庫本を読む青年、もう1人は何かブツブツ言っているオバサン。1人飲みの客は少なくないのだ。


そして、次のプロファイリングはパスネットの裏書きです。


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.