デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


ひらめきの月曜日
 
粒々の数を確かめる

そう、納豆です
一粒一粒並べていく
並びました

ネバネバでいくつの粒が繋がってるのか

気になっていた粒々、それは納豆だ。糸を引いて粒と粒が繋がりあう様を見るに付け、一体何粒の納豆が糸で繋がっているのかと思っていた。

あのネバネバは、大人でなくては制御できまい。 方眼紙の上にラップをしいて、方眼の目にあわせて一粒一粒並べていくことにした。実際、どれぐらいあるんだろう100粒ぐらいだろうか。

爪楊枝で刺して並べていくと一粒一粒大きさに差があって、よく見ると白い菌が付いているのが分かる。こんなに納豆を凝視することもなかなか無い。

作業は1時間に及んだ。納豆嫌いの人だったら拷問みたいな作業だろう。私は納豆好きの上、風邪をひいていて鼻づまりだったため、匂いにやられることも無かったのが幸いした。

ずらっと並べた納豆たち。さすがに壮観だ。一粒のこらずまっとうに腐っている感じが伝わってくる。ああ、鼻づまりでよかった。

肝心の粒は全部で301粒だった。一粒少なければジャスト300粒だ。ネバネバという混沌中の混沌が、ひとたび整列するとマーブルチョコよりも断然キリがいいとは。

納豆ひとパック
ねらい: どれだけの粒が
糸で繋がっているのか確かめる
予測: 100粒
結果: 301粒
分かったこと: 並んだ姿の圧倒的壮観
壮観
アートっぽくない?

余りにもきれいに並んだので、興奮してラップではさんでみた。

このまま押し花みたいに保存したい。そうしたらニューヨークとかで売れないだろうか「natto art」みたいな感じで。路上で。うさんくさい上に納豆くさい。

こんなに粒を並べるのが面白いとは思わなかった。次はもっときれいな粒を並べてみよう。

イクラはどうだろう? 真っ赤できれいそうだぞ!


 

▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.