デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

3月のテーマ:涙


はっけんの火曜日
密着!もうじゅう脱出対策訓練

訓練終了!

ひととおり終えて、汗だくのユキヒョウを、また報道陣が囲んだ。
−−ユキヒョウになってみて、どうでしたか?
「………撃たれる気持ちが分かった気がします。あと体力的に大変でした………」
−−普段は、猛獣が逃げないように気をつけてることはありますか?
「え? いえ、普段は私は、昆虫の担当をしていますので」
−−では、昆虫が逃げないように気をつけることはないですか?
「外国産の珍しいものには2重、3重の扉をしてますが、気が付かずに逃げてるのもいるかもしれません。………逃げられないようにはしていますが」
−−フラフラしてたのは、ユキヒョウっぽさを出すためですか?
「それもありますが、視界が悪いし、重いし、そのせいです。中はすごく熱いですし」

最後にある新聞記者が、彼女の名前をきいた。それまで誰も、彼女の名前をきかなかったのだ。
ユキヒョウは櫻井佑子さん、現在23歳で、昨年4月に入社した1年目の新人さんであった。

最後にひとつ、私も話をきいてみた。
−−くだらない質問で申し訳ないんですが……今日は反省会とか………打ち上げとかあるんですか? 先輩に怒られたり……。
「……え。あー。あるのかなあ……分からないです……」

櫻井さん、本当にお疲れ様でした。

追記:
訓練後、櫻井さんが普段働いてるという、昆虫館に行ってみた。難しそうな昆虫のゲージは厳重だったが、南国を模した大きな温室にはチョウが乱れ飛んでいて、「確かにこれは、逃げることもあるかもな」と思いました。
まあ逃げた蝶は、寒くて死んじゃうと思いますが。


▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.