デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ



@search 特別企画
 

3Dけんさく
694位「冥王星」。太陽系の惑星が増えるかも、という論議のとばっちりで、かえって惑星の範疇から外れてしまった、かわいそうな星だ。「なんでやねん」と、さぞ憮然としていることだろうよ、冥王星。

ふびんに思ったので、ここで持ち上げてみることにした。彼のぬいぐるみを作ってあげよう。

乙幡 啓子

・・・でどんな顔だったっけ

私は太陽系の星たちが好きで、よく関連本を買って読んでいる。灼熱の金星、ものすごい質量の木星、知るに連れ輪の謎も深まる土星、とトントン読んでいき、最後にぶち当たるのがこの冥王星。

とたんに、外観イラストもぼやっとしてきて、記述もガクンと少なくなる。しかも「よく考えたら、どうも惑星じゃないよ」ときた。

こんなことってあるか。さんざん本などで太陽系のケツに並ばされてきて、結果これかよ。

こんなゴツゴツのイラストかと思えば・・・(「Newton別冊」より) こんなボー獏とした写真だったり(「宇宙の起源・創元社」より)
果ては「ゴマ粒」扱い(同上より) これが最新のようだ(ハッブル宇宙望遠鏡による観測写真・Wikipediaより)

とにかく茫漠たる有様

仕方ないので上右の、デジタル処理された写真を元にちくちく行ってみよう。

作るにしてもあてずっぽうでは心もとないので、こうする。下のバランスボールを見ていただきたい。

案の定、放置状態のフィットネス器具。

これを地球の大きさに見立てよう。大きさの比率は、地球の直径を1とした場合、冥王星は0.18である。バランスボールは65cmなので、直径11.7cmのタマをまず作ればいい。

本当は灰色のタマを作りたかったのだけど、うちにその色のフェルトがなかった。なので紫にした。青かったりオレンジっぽい画像もあったりと、実態のよくわからない星には、紫でもいいやと思った。

おなじみの図面。 デジタル処理中。

ゴレンジャーかよ。

とりあえずできた。できても「やった・・・」という感慨はない。「あの冥王星がこの手に・・・」ともなんとも思わない。遠い。意識が遠い。感動が遠い。何もかも遠い。太陽からの距離、地球の約40倍。

今年打ち上げられた探査機が冥王星に近づくのは2015年。そのときには、もっと詳細な作品が作れることを期待したい。やっぱりそのときもぬいぐるみなのか。

地球と並べてみても釈然としない。

 

サライ
読書感想文
冥王星
GYM
アンガールズ
道の駅
ハンカチ王子
鳥ハム
ジョンベネ
BONNIE PINK
五十嵐圭
やわらか戦車
頭痛大学
サマージャンボ
靖国神社
サラリーマンNEO
ガソリン価格
米米クラブ
やくみつる
浴衣
レギンス
SEAMO
苗字
ラブコン
オリンピック
タイヨウのうた
インガンダルマ
ゲゲゲの鬼太郎

1位 
2位 
3位 
4位 
5位 
6位 
7位 
8位 
9位 
10位 
11位 
12位 
13位 
14位 
15位 
16位 
17位 
18位 
19位 
20位 
Yahoo
mixi
2ちゃんねる
楽天
Google
asahi
高校野球
goo
宝くじ
アマゾン
YouTube
ハンゲーム
フジテレビ
ハローワーク
地図
JAL
自由研究
au
Gyao
じゃらん


 
▲トップに戻る @search特別企画バックナンバーへ


アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation