デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

コネタ


コネタ478
 
カワウソを確かめに行く

 春の訪れも一足早い千葉県・南房総。その先っちょに、カワウソの繁殖記録世界一を達成した施設があると聞いた。

 う、うん、すごいよね。世界一だし。

 そう言ってはみたものの、今ひとつ気持ちがこもらないのはなぜだろう。疑問を解くべく、改めて頭の中にカワウソを思い描いてみる。

 …うーん、どうも曖昧。カワウソってどんなだったっけ。

 みなさんどうですか、カワウソってしっかり思い浮かべられますか。独自のカワウソ考えてませんか。そのあたりをはっきりさせるため、実際に見に行って来ました。

(text by 法師丸

●根本から覆るカワウソ像


ウェブマスター林さん(イメージ画像)

 カワウソに対する曖昧な認識を正すために思いついた今回の試み。だが、その曖昧さは単に個人的なものである可能性もある。みんなもしかしたらカワウソのことはばっちりわかってるかもしれない。

 そうした不安もあって、まずウェブマスターである林さんに連絡を取ってカワウソの話をふってみた。

 「ああ、あの鳥、海鳥のカワウソ?」と答える林さん。

 いくらなんでもそれは違う。カワウソを思う自由にも限度というものはある(たぶん鳥の鵜<ウ>や鷽<ウソ>と間違ってる)。私が思うカワウソもかなり曖昧だが、そこまで根本的に誤ってはいない。

 いや、哺乳類ってところまでは自分でも結構自信あるんですが、と話してみると、「ああ、あー、あ、あー…」と黙り込んでしまった。不用意な質問で傷つけてしまっだろうか。

 ともあれ、結果としてカワウソの曖昧さは検証できたと言えるだろう。さて、実際カワウソとはどんなだったか思い起こしてみる。




 どうだろうか。はっきりとその姿を思い浮かべられるだろうか。記憶の彼方、おぼろげに浮かんでくる像をなんとか描いてみよう…。(みなさんもよろしければ自分のカワウソを思い浮かべてみてください)












<カワウソ考えタイム>












 自分の中にあるカワウソのイメージを総動員してとりあえず描いてみた。


050313_031.JPG (30989 バイト)

 どうだろうか、これ。うーん、イメージのいいかげんさと画力のなさとが相まって、微妙な珍獣に仕上がってしまった気がする。全体的なバランスも変だと思う。

 しかし頭の中でカワウソを練ってばかりいても仕方がない。実際に見に行ってみよう。


●パラダイスでの出会い


050313_002.jpg (37945 バイト)

 今回カワウソを見に訪れたのは、千葉県・館山市にある南房パラダイス。南房総一帯をパラダイスと称して言っているのではなく、そういう施設の名前である。

 ゲートを入るとマーライオンがじょぼじょぼと口から水を出していた。自分が思っていたパラダイスとはちょっと違うが、南国ムードあふれる木々などは確かにパラダイスだと思う。


050313_001.jpg (48560 バイト) 050313_002.jpg (37945 バイト)

 温室内に入るとパラダイス感はさらに加速。派手な原色の植物が生えていたり、それっぽい鳥が手の届くところで歩いたりしている。


050313_032.jpg (30298 バイト)

 水鳥おねだりデッキも気になるが、足早にカワウソコーナーを目指して歩く。しばらくすると、それらしき場所が見えてきた。


050313_006.jpg (48824 バイト)

 えーと、カワウソコーナーの前に着いたのだが、これしか見えない。大きめの麻袋の中で、何かがもぞもぞしている。


050313_011.jpg (39676 バイト) 050313_012.jpg (31761 バイト)

 そばにはちゃんとカワウソであることや繁殖世界記録のことも表示されているので間違いないはずなのだが、カワウソの姿が一向に見えない。袋がくねくねしているだけだ。


050313_007.jpg (31979 バイト)
「わーわー」
050313_008.jpg (32475 バイト)
「わーわーわー…」
050313_010.jpg (31769 バイト)
「あっ…ああ…」
050313_009.jpg (31676 バイト)
「わーわー!」

 もだえる麻袋を見ていてもあまり楽しくないので、勝手にせりふをつけてみた。落ち着きなく動き続ける袋を見ているといろいろな思いがよぎる。これが繁殖世界一ということなのだろうか。

 と、そこに施設の人がやってきた。「カワウソを見に来たのですが…」と話をすると、ひょいと中に入って袋をひっぱってくれた。


050313_025.jpg (29800 バイト)

おお、ついにカワウソ登場。そうそう、こんな感じだ。



050313_016.jpg (55362 バイト)


 これがカワウソだ。そうだよ、言われてみればこんなだった。改めて自分の書いた絵を見直してみると、絶望的とまではいかないがかなり誤解していたことがわかる。



050313_017.jpg (36299 バイト)
「なんか袋はがされたよー」
050313_018.jpg (37092 バイト)
「ん?」
050313_026.jpg (40333 バイト)
「みにゃー」
050313_027.jpg (34385 バイト)
「ふあー…」

 実際カワウソは「みにゃー」という感じで鳴いていた。これは新発見。かわいいものにはついガードを固くしがちな私なのだが、カワウソのかわいさは素直に受け止めたい。


050313_005.jpg (29547 バイト)


 しばらくするとまた袋に戻っていくカワウソたち。「やっぱり寒いからなんですかね」と、施設の方に聞いてみると、「いやー、夏でも袋入ってますよ」との返事。

 そうなのか、気温とは関係なく袋が好きなのか。暑い夏でももみくちゃで入るとは、かなりの袋好きだと思う。人間である私は意図的に袋に入ったりすることはないが、こんな様子を見せ付けられるとたまにはいいかなと思ったりもする。

●カワウソ確かめて満足

050313_035.jpg (32592 バイト)
「ん?」

実際にカワウソを確かめて実に満足。

 自分の中で曖昧なままにしている動物たちは、これからもたまには本物を見ることで確かめておきたいと思う。


 

▲トップに戻る コネタバックナンバーへ
 
 


個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.