デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


ゴリラの水曜日
 
今もっとも熱いものそれはスーパーのおはぎ
ザ・おはぎ

スーパーのおはぎの熱さについては誰もが一目おいていることと思う。いまさら私がなにかをいえるようなことではないと遠慮する日々であった。

しかし、季節は春。新年度の幕開けにあたり改めてスーパーにおけるおはぎというものを確認しておくのもいいかもしれないと思ったのだ。

新年度、あけましておめでとうございます。店内製、荒つぶしの粒あん、しょっぱい、田舎風。そんなスーパーのおはぎの魅力に迫ろう。

古賀及子 古賀及子(こがちかこ)
芋栗かぼちゃにめっぽう弱い。あと餅とあんこ。バナナはそんなでもないです。


主婦の店さいちというレジェンドのもとに

スーパーのおはぎという文化がいついかに成熟したかについては勉強不足で私の力量では解説できない。

ただスーパーといえばおはぎ、という道筋をたてたのはスーパー界の生ける伝説といえるであろう秋保温泉の「主婦の店 さいち」だというところはひとつあるだろう(さいちについてはこちらに詳しい記事が)。

スーパーのおはぎの多くは大ぶりで、あんこがぼさぼさしている。これはさいちのおはぎの影響下にあるといえるのではないか。


さいちフォロワーと思われるいなげやのおはぎ。あんこぼさぼさ

スーパーのおはぎには3種類ある

こういったさいち型か否かの前に、スーパーに売られるおはぎには大きく分けて3種類が存在することからまず説明しておこう。

3種類というのはずばり、

(1)和菓子コーナーに陳列されているもの
(2)近県の惣菜メーカーが卸すもの
(3)店内にあるキッチンで作られたもの

この3つだ。

本稿で「熱い」というおはぎは主に(3)を指す。百歩譲って(2)もいいだろう。ただ、(1)は該当しない。


いなげやのおはぎは(3)。うむ、いいおはぎだ

「スーパーのおはぎ」は惣菜であり和菓子ではない

ではなぜ「(1)和菓子コーナーに陳列されているもの」は熱いといえないのか。

そもそも今回私がほえるタイプのおはぎは「和菓子」ではないのだ。ではなにか。「惣菜」なのだ。

熱いおはぎは和菓子コーナーにはならんでいない。惣菜コーナーに、おにぎりやお赤飯とならんでいる。

特に(3)の店内キッチンで作られるおはぎになると、惣菜コーナーの一角におはぎ専用のコーナーが設けられることも多い。


見よ、この扱いの大きさ

(2)の惣菜メーカーが卸すおはぎは、おにぎりや赤飯にならぶ形で売られることが多いだろう。

おにぎりと並ぶ

(1)のように団子やまんじゅうなどと一緒に和菓子コーナーに並ぶおはぎには、スーパーのおはぎ特有の勢いのようなものがないのだ。

こぶりで上品なものが多いように思う。


だんごやまんじゅうと並ぶ

私は(1)のおはぎはいわゆる「スーパーのおはぎ」ではないと思っている。ややこしい話になってしまって恐縮だが、あれは「スーパーの和菓子のおはぎ」なのだ。

おはぎに貴賎はない。(1)のおはぎもまたおいしいおはぎであることには間違いないのだが、いわゆるシーンに即した熱さはないと断言する。


今回まわったスーパーでは東急ストアのある店舗で和菓子コーナーに並ぶおはぎが見つかった。このパッケージングも和菓子のおはぎの特徴だ

もういちど、スーパーのおはぎ。惣菜的なパッケージ

惣菜として扱われるスーパーのおはぎは粒あん原理主義であることが多いのと違い、和菓子のおはぎは粒あんだけでなくこしあんを展開しているのも大きな違いだ。

熱いおはぎにはこしあんのおはぎは不要だと私は信じている。


和菓子のおはぎ、せっかくなのでこし餡を選んで食べてみた。しょっぱさがほとんどなくかなり甘い。こし餡がなめらかで赤福みたいな感じ

しょっぱい、それがスーパーのおはぎ

和菓子のおはぎとスーパーのおはぎの違いをお伝えしたところで、今回見つけた分類(2)、(3)にあたる熱いおはぎ、スーパーのおはぎたちを食べていこう。

こういったおはぎは
・ご飯部分のご飯があらつぶし
・粒あんもあらい
・あんこがしっかりしょっぱい
・総じて、田舎の郷土料理感が強い

のが特徴である。そのあたりを注視していきたい。

まずは近県の惣菜メーカーから卸されたおはぎたち。


●もとまちユニオンのおはぎ

スーパーのおはぎにしては小さめ。粒あんの粒がしっかりつぶしてあり都会的である。ただ、味はしょっぱいさもあまみもつよくインパクト大。

●オオゼキのおはぎ

トレンドに反したつるっとした形だが、あんこがちょっと白っぽいのは田舎ポイントだ。塩漬けのさくらもスーパーのおはぎとしてはめずらしい。味は標準的。きなこのほうもおいしい

●ダイエーのおはぎ

ご飯のつぶつぶ感が随一。原材料をみると、もち米だけではなくうるち米をまぜている。これは大きな郷土料理ポイント。ただ、あんこがいわゆる甘さ控えめの感じ

続いて、これぞ本気のスーパーのおはぎ、店内で作られたもの。

●いなげやのおはぎ

あんこの粒つぶ感がしっかりと残っており高感度が非常に高い。サイズもおおきめでしっかりしょっぱい。さすがだ。


●ライフのおはぎ

粒あん部、ごはん部ともにテクスチャは申し分ない。底辺にあんこがないのも田舎ポイントが高い。そして、あんが衝撃のしょっぱさ! しょぱいおはぎが好きな人はいいと思う。しかししょっぱい。これはすごい塩スイーツか

スーパーのおはぎは塩大福や塩ようかんのような和菓子特有のしょっぱさをいかした味わいが特徴だというのは分かっていたが、ライフはその域すら超えるしょっぱさだった。

スーパーのおはぎ、これからも目を離すまい。特にライフのおはぎは定期的に食べよう。


さいちに行ったことはないのです

朗々と歌い上げるように書き連ねてしまったが、実はわたしは「主婦の店 さいち」は未体験なのだった。

今年度中には行きたいものである。よい新年度の目標が見つかった。

おはぎにありがとう


この記事はデイリーポータルZ2015年4月1日のエイプリルフール企画のためにつくった記事です。内容は本当なのですが、筆者がゴリラなのはうそです。人間です。

 
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
Copyright(c) NIFTY 2002 All Rights Reserved.