デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


ゴリラの水曜日
 
新体操選手になれている風なリボンをつくった
背景がびみょうですが、リボンはぼちぼち舞ってる!

ずっとずっと、新体操をやってみたかったのです。

とくにリボン。あれが舞う情景は圧巻です。
わたしも、一度くらいは華麗に舞わせてみたい!!

そんな憧れをちょっと叶えてみました。自宅の六畳一間で。

さくらいみか ネッシーあやこ(ねっしーあやこ)
1981年群馬県生まれ。イラストレーター兼OL。犬カキでしか泳げないことと、世の中のヘルメットの大半が自分の頭をすっぽり覆い切ってくれないことに細々と悩んでいます。納豆は大粒であればあるほど良いとおもう派。
> 個人サイト たぶん日記


憧れと現実

まずは、「タッチ」の南ちゃんに憧れていた幼少のわたしに、親が「南ちゃん新体操セット」を買い与えてくれた時のことを振り返らせてください。

ドキドキしながら、買ってもらったリボンを手に握りしめ……
溢れんばかりの憧れをいざ、右手に込め!
夢と現実の間にある、大きな隔たりを思い知った瞬間でした。

しかし、まだまだ踏ん切りはついてなく、「新体操(特にリボン)、やっぱりやってみたい!!」あれから30年ちかく経ったはずの今でもなお、その思いが止まないのです。

しつこい。これはどうにかして昇華したい!

操作可能なリボンをつくる

運動神経にはとうてい期待が持てないことを悟ってしまった今、今ならではの方法を模索した結果、行き先はあっさりと100円ショップに決定しました。

わたしの味方その1「はちまき」
わたしの味方その2「釣り糸」
さらに、こんなものも用意。

いきなり色々と揃えてみましたが、頭の中にはすでにひとつの構想が産まれています。

上記のようなかんじで、新・新体操のリボンをつくるのです!
できました!
できた悦びをかみしめつつ、体にぐるぐる巻き。
この写真、口から長い舌を出しているようにも見えるな。

つづきまして、リボンが舞っているように見えるための構造づくりにはいりますが、無論わたしにはリボンを舞わせる技術が全くないので、文明の力には頼れるだけ頼ります。

ざっくりとしたイメージ図

文明というか、主に釣り糸ですね。

魚以外のものを釣るのにも有効な、この細い透明な糸が100円で手に入れられる世の中はすごい。

天井から落とした釣り糸にリボンを固定。
どんな形状がよいものかイメージを膨らませつつ、リボンの中のワイヤーを曲げる。
できました!

リボン作成1時間。吊るしあげ作業15分。 舞台はあっというまに整ったので、あとは役者が準備をするだけです。

インターネットの波にのってさがした、新体操の動画もろもろで入念にイメージトレーニングを実施。
スケッチしつつ、「リボンと触れ合う自分」のイメージ像を、脳内に着々を育んでいます。

実際の体操選手のリボンの長さが6メートルもあるという事実にびっくりしつつ、ちょっと不安になりつつも信じる気持ちを忘れないように。本番にむけて意識を高めています。

さあ、もう大丈夫だ。おもいきってリボンと戯れよう!

えい!
やー!
キマっているつもりのポーズ

たぶん、今までの人生でいちばんと思われるシャッター音の数。 「うん、いいとおもう!いいよ!」と連呼をする撮影者の声。 リボンとの戯れは、おもいのほかグラビア撮影を彷彿とさせてきます。

そして告白しなくてはいけません。 正直なところポーズをとるのに精一杯で、いまリボンと自分がどんなふうに戯れているのかが自分ではよくわかって……いないのです! いいのか。それ、いいのか。

くるくるくる
ぐるぐるぐる

GIF動画にしてみることで躍動感を出してみましたが、ほんとうはもっと静止しっぱなしです。

だって、静止しているリボンの隣には静止してポーズをとる自分がいなくてはいけないという法則が、この世界の中には存在していたから……

ああ、筋肉たちの震えがとまらない!
そしてよろける!
ああっ……
……地面って安心する……

トータルで3回くらい転んだんですけど、地面にうちつけられる瞬間にこんなにも安心したの、産まれてはじめてです。

予想外の初体験をしてしまいました。


運動神経がにぶいのは誤摩化せなかった

圧倒的な運動神経のにぶさは、補助具を使ってもなお健在でした。いや、より露呈してしまったのかもしれない。とはいえこのリボン、部屋でも出来るお手軽さと、材料の手に入りやすさ、工作のしやすさはなかなかです。わたしよりも運動神経の優れた人、気が向いたらぜひおためしください!

さいご、意識が朦朧としていたために、うっかりeggポーズ(むかし流行った)をしてしまっていました。

この記事は2015年4月1日のエイプリルフール企画の記事です。内容は本当ですが、ライターがゴリラだというのはウソです。本当は人間です

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
Copyright(c) NIFTY 2002 All Rights Reserved.