デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
インターネットを使わずSNSに投稿する方法
これさえあればなんとSNSに投稿できる

日常でちょっと面白い出来事があったときに、「SNSに投稿しなきゃ!」と思う人は多いだろう。

例えば旅先で、インターネットの環境もなく、携帯の電波も届かず、投稿できない!! とガッカリする場合もあるかもしれない。

そんなときに使える、電子機器がなくてもSNSに投稿できる方法を紹介します。

さくらいみか さくらいみか(さくらいみか)
一昨年、故郷である島根県に戻り、最近は地元ネタを記事にすることが多くなっている。……ということになってますが、それはウソです。本当は行ったことがないです。テレビで島根を見たときに地味でかわいそうだなと思い、記事にすることでちょっと目立たせてあげることにしました。


Facebookに投稿したい場合

大流行のFacebook。日常の出来事を写真付きで投稿したり、「いいね!」と言い合ったりするアレだ。

ネットを使わない方法だと、残念ながら本のレビューしかできない。

顔(フェース)に本(ブック)を乗せ、書きこみたいことをつぶやく。


「肉がおいしそうだった。面白かった。」とつぶやく

するとFacebook本体と同期し、つぶやいた言葉が書き込まれる。

声がこもってたのか「面白かった」ってちゃんと言えてない

このように投稿はできるのだが、閲覧するにはパソコン等の機器を使用しなければならない。更にその場で修正することもできない。

しばらく確認や修正ができなくても気にならないザックリとした性格の人にはオススメだ。

mixiに投稿したい場合

つぎに流行り出したのがもう10年近く前なのがびっくりなあのSNS、mixi。

ネットを使わない場合、Facebookは本のレビューの投稿しかできなかったが、mixiはなんと日記の投稿ができる。

まず、くしを3本用意する。なぜなら3櫛(ミクシ)だから。そして頭にしばりつける。


3櫛(ミクシ)を頭に!

そして脳内でつぶやいたことがミクシに伝わるように念じるのだ。

「私は今日ひるごはんにラーメンを食べた。」
「実家からもらったチャーシューを入れた。」
「チャーシューを食べすぎないようにと父に言われた。」

よし、ミクシに伝達されたはずだ。 mixi本体のほうはどうなっているか見てみると……

しまった、最後の方で邪念が……!

きちんと精神統一をしておかないと、脳内で考えてることがダダ漏れになってしまう可能性がある。邪念がない完成された日記を書くには精神鍛練が必要だ。

あ、あとタイトルについては自由に変更できないっぽいです。

Twitterに投稿したい場合

最後は140字以内で手軽に投稿できる、Twitter。(ちょっと調べてたら、TwitterのカテゴリーはSNSではなくブログってことになってるみたいだけど、細かいことはいいとしよう)

ネットを使わず投稿する場合には、まず青い鳥を用意する。なぜなら公式アイコンが青い鳥だからだ。


青い鳥っぽいものならなんでもいいということで青いファービーを用意した

そしてこの青い鳥に話しかける。心の中で話しかけてもいい。


おねがいファービー、りんごにかぶりつこうとしてるこの様子をTwitterまで届けて……

するとどうだろう。この状況をいい感じに編集し、Twitterまで届けてくれてた。

Twitterっぽく「なう」ってついてた
青い鳥ではなく、別の鳥の場合はどうなるだろう。ハトのおもちゃで試してみた。
伝書鳩ってのも居るぐらいだし、出来るんじゃないかなーと思いつつ、またもりんごにかぶりつく
そしてTwitter本体の方を確認してみると、届いてることは届いてるけど……。
だ、だめだ。微妙だ…… クルッポー……
もし鳥のおもちゃがない場合は鶏肉でもいけるんじゃないか。
唯一の本物の鳥。これに話しかける

本物の鳥ではあるけど、鳥としては完全体じゃないし、どうなんだろう? と思いつつ試してみたらこうなった。

ダメだ。なにを言っているのか分からないツイートをされてしまった

なにを言っているのか分からないが、Appleだけは読み取れた。物体の名詞は分かるが、動詞が苦手なのかもしれない。 青い鳥以外の鳥を使ってのツイートはあまりオススメできないことがわかった。

結論:そんなにオススメできない

これでネット環境がなくても投稿できる! と思ってたが、100%思い通りの投稿ができるわけではなかった。変な投稿がされてしまわないかという不安はつきまとう。 やっぱりちゃんと電子機器を使って投稿した方が安全でいいと思う。

この記事はエイプリルフール企画のために作ったうその記事です

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation