デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ



コラボ企画
 
なじみの色を入れ替える

人はどれだけ色で物を判断してるのか


手にするとさらに高まる違和感

青版のカップヌードルはシーフードヌードルに見えるのか。試してみるためにやってきたのは実家。父はこのシリーズの中でもシーフードが一番の好みだったはず。

仕事から帰ってきた父に「同じ物を食べた味の感想が人によってどれだけ違うかを調べる」という偽の企画を説明して協力してもらうことにした。

説明のあと、いよいよ青版ヌードルを渡す。このタイミングで気づかれる可能性も高い。


「前回食べたの?1ヶ月くらい前かな」
気づかずお湯を注ぐ父

少々緊張しながら渡したのだが、気づく様子はない。フタはがしも気づきにつながるタイミングかと思ったが、何事もなく開いてお湯を注ぎ始めた。

タイマーで3分セットする。まだ気づかない。1分くらい経ったところで「普通のカップヌードルも持ってきたんだよね」と、本来の赤版を隣に並べてみた。


ノー・リアクション
お前、予想以上に気づかれてないぞ

さすがにどうかと思ったが、両方を同時に目にしても父からは反応なし。私が味の感想を聞きたいと偽の目的を伝えていたからか、「やっぱりスープが一番うまいんだよね、シーフードは」などと言っている。

そして長い3分が経った。


まだか
まだなのか

フタを開いて中身を確認しても反応はない。食べ始めても反応なし。この頃からだ、私が「そろそろ気づいて…」と思い始めたのは。

好物だけあっておいしそうに食べる父。味わいながら、「この味は…何の味なんだろう?」と言い出した。

もしやと思ったが、続いて出てきた言葉は「シーフードだけに、かつおぶしか?」と、とぼけたもの。


いよいよ来たか!

味の描写をするために原材料に関心をもったらしく、パッケージをじっくり見始めた。

そして出てきた言葉は、「チキンエキス、ポークエキス…」。続いて「うーん、かつおぶしじゃないなあ」。

この頃になると、私は頭の中で父をフォローし始めていた。息子がシーフードヌードルと言って持ってきたんだから、何も疑わずそう思うよね。色もそれっぽいわけだし。実際食べてるのはカップヌードルだけど、エビが結構入ってるからシーフード的だったりもするよね。


そして完食

さまざまな思いが頭を巡る中、ついに完食。何事も起きることなく、青版ヌードルの実験は幕を閉じたのだ。「シーフードってことで、普通のカップヌードルより健康にいい気がする」と、まだ感想を言ってくれてて申し訳ない気持ちになる。


正体はこれだ
予想外の健闘

ここでかぶせてある青パッケージをはがして種明かし。説明してもぽかんとしている父に、「だから、今食べてたのはカップヌードルの方なの」と念を押す。

「わはは!そうなの?わははは!」

気を悪くしたりショックを受けたりするかな…と少しは心配していたが、全てをわかって笑う父。全然めげてない。


「まあ、なんでもいいってこった!」

シーフードヌードルが一番好きと言ってた言葉の意味が崩れ去ったわけだが、当人は「人間ってそういうもんだ」と全く意に介さない。自分で考えた企画なので自分自身を試せないのだが、実際思いこんでいたら気づけないものなのかもしれない。



< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation